田川伸一郎のブログ

東京都の小学校バンド

今日は、午前・午後と、東京都の2つの小学校にお伺いさせていただきました。

午前中にお伺いしたのは、昨年度からお招きいただいている小学校です。
顧問の先生は、大ベテランの女性の先生です。

このバンドは、2月末の「東京都小学校管楽器演奏会」に出演するため、土曜日も返上して練習しています。

受験や体調不良のため、残念ながら全員そろってのレッスンはできませんでしたが、途中での出入りはなく、とても集中して、楽しく練習することができました。

P1250756_convert_20140118203144.jpg

                P1250764_convert_20140118203416.jpg

今回発表する曲は、私がこのバンドの実態に合わせて選んだ数曲の中から、先生が採択された曲です。
聴いていると、とても楽しいのですが、いざ演奏してみると、結構「難所」がある曲です。

前回のレッスンは、12月のはじめでしたが、まだまだ全曲は通らない状態でした。
今回は、かなり練習したあとが見え、制限時間に合わせたカットも決まり、曲の「表現」を勉強できる段階にまで到達していました。

ひとりひとりの音も、どこかしっかりとした自信のある響きになっていました。


前回細かく練習した箇所は、さっとおさらいし、前回やらなかった箇所の練習をしました。

「ゆっくりの部分」の美しい流し方、「速い部分」を近道で出来るようにするための練習方法の工夫を、実演しながら勉強しました。

特に、「ゆっくりの部分」は、何だか「まったり」していたのが、とても流れの良い、表情豊かな演奏に変容しました。

ゆっくりの部分は、「まったり」しないように演奏することが大切で、それができていないと、退屈な演奏に聴こえてしまいます。
かと言って、テンポを速くすればいいかというと、そうすると、速く、落ち着きなく聴こえてしまいます。
ここが難しいところで、「曲のテンポ」を上げるのではなく、「音楽のスピード」を上げるのです。

どんなにゆっくりの曲でも、いつも「進んでいること」です。


P1250761_convert_20140118203242.jpg  P1250763_convert_20140118203337.jpg

P1250762_convert_20140118203309.jpg  P1250760_convert_20140118203216.jpg

「練習の時には、けじめをつけて真剣に」...メリハリの効いた練習態度です。

P1250766_convert_20140118203438.jpg
静かな部分のシンバルは、特に気を使って打ちます。


このバンドの子どもたちは、練習で使う筆記用具やオイルなどを、各自が「百均」で買って来たマグネット付のカゴに入れて、譜面台にくっつけています。

なるほど...でした。


P1250750_convert_20140118202858.jpg  P1250749_convert_20140118202810.jpg
マグネットが、とてもしっかりしているため、カゴが落ちるトラブルはありません。
必要な時に、手をサッと譜面台の後ろに回して取っていました。



真剣にバリバリ練習しましたが、休み時間はみんなにぎやかで、お茶目です。
もうすっかり慣れて、おしゃべりにも花が咲きます。

先生は、「子どもたち、田川先生が大好きで。いつも刺激をいただいて、新しい楽しさを知ることができるんです。ありがたいです。」と話してくださいました。
私もこのバンドの子どもたちが大好きです!

P1250753_convert_20140118202951.jpg


曲全体を通して、これから仕上げていくためのポイントを洗い出し、その克服の仕方を提案させていただきました。

子どもたちが自分でクリアしなければならないこともあれば、先生のご指導上の工夫が必要なこともあります。

いずれにしても、合奏は、先生と子どもたちの「共同作業」だとつくづく思います。

先生と子どもたちの「コミュニケーション」もバッチリのこの小学校バンドは、きっと「共同作業」もうまくいくに違いないです。


私は、今年度も、「東京都小学校管楽器演奏会」の講師として、4日間の出演校すべての演奏を聴かせていただきます。

そのステージで、今日見つかった課題を乗り越えたすばらしい音楽を聴かせていただけるのを楽しみにしています。


P1250755_convert_20140118203023.jpg
夏、12月、そして今回と、皆、着実に成長してきましたね。
そして、今日も、とても上手になりましたよ。
インフルエンザがはやってきていますので、皆も、うがいと手洗いをしっかりして、インフルエンザを寄せ付けない気合いで頑張ってください。

ただし、音楽には、気合いは禁物です。
今日は、「いかに力を抜くか」という勉強をしましたから、気合いは心の中だけにしましょう。
「東京都小学校管楽器演奏会」での演奏を楽しみにしていますよ!

がんばってくださいね!



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-01-19(Sun)12:15 [編集]