田川伸一郎のブログ

富山県の中学・高校バンド

この木曜日から土曜日は、富山県にお伺いして来ました。

富山県の学校からは、昨年度の冬からお付き合いさせていただき、前回は昨年の12月にお招きいただきました。

年度末のお忙しいこの時期にも、きちんと「めあて」を持って練習し、レッスンまで入れてくださる先生方の「勉強心」には敬服です。 

今回は、中学校1校、高校2校からのお招きをいただきました。

どのバンドも、新チームになってからの日々を固めつつあり、新年度を迎える直前の時期を大切に過ごしていました。

夏のコンクールに向けての方向性を考えたり、新入生を迎えるにふさわしい雰囲気や演奏力を高めようとしたり...

何よりも、「今」を楽しみ、「今」を有意義に過ごすための部活動のありかたを先生と生徒さんたちで模索しながら進んでいる様子がうかがえました。

それぞれのバンドの顧問の先生や生徒さんたちの思いや悩みに耳を傾けながら、私なりの考え方や進め方で、いただいた「時」を共有させていただきました。


中学校バンドです。

P1270284_convert_20140308220956.jpg

こちらの中学校の先生が、私と富山県の学校を結び付けてださいました。

先生は、いつも私のレッスンを、「生徒たちの勉強以上に、私自身の修行です」とおっしゃり、ご自分の指導を振り返り、反省し、改善するチャンスとしてとらえておられます。

部活の運営や生徒たちとの向き合い方、「心を育てる部活動」について...ただ演奏を上達させるだけでなく、部活そのものを向上させるために、私のアドバイスを受け止めてくださるのです。

先生のそんなお考えを受けて、生徒さんたちも、私から何を学ぶか、それによって自分たちの部活をどう成長させるかということに真剣に向かい合っています。

このバンドと出会って約1年3か月になりますが、この間の変容はとても大きく、先生も生徒さんたちも、それを実感し、自信につなげています。

今回のレッスンでは、来年度の課題曲から3曲の練習とクラシックのアレンジ曲の練習をお手伝いさせていただきました。
中学校1、2年生のバンドで、この時期に課題曲を3曲練習してあるということだけでも、驚きです。
しかも、先生は3学年の担任をされており、多忙を極める中での寸暇を惜しんだご指導によってです。

最もよく練習してある曲はかなり細かく、他の2曲はポイントを絞ってレッスンさせていただきました。
レッスンを受けて、それぞれの曲に対するイメージや曲の良さが、先生にも生徒さんたちにも伝わったようで、意味のある感想を聞くことも出来ました。

アレンジ曲は、とても難しい曲ですが、近々本番もあるそうです。
ちょっと危ない部分もありますが、何とか抜け切るための練習方法で、ようやく形にしました。

先生は、「田川先生に魔法をかけていただきましたが、これが本番まで抜けないように」と、笑って話されていましたが、「魔法」ではなく、「今できること」をうまく紡いでみただけでした。

「本番まであと2週間しかないんです!」と始めた練習が、「あと2週間あるから、何とかできるかも!」という希望に変わってよかったです。

P1270294_convert_20140308221127.jpg  P1270291_convert_20140308221103.jpg
ハーモニートレーニングは、立って、皆で向かい合って...響きを感じ合います。

P1270304_convert_20140308221148.jpg  P1270315_convert_20140308221205.jpg
インフルで2人欠席、2人だけのホルンパートでした。その分、じっくり指導できました。

P1270321_convert_20140308221244.jpg  P1270318_convert_20140308221226.jpg
私の勧めで始めた合唱練習。正しい発声で、混声四部合唱を立派に歌えるチームになりました。感動!

P1270323_convert_20140308221306.jpg
今回もまた君たちの大きな成長を感じることができ、とてもとても感動しました。
レッスンの中からつかみ取れることが、どんどん広がり、深まっているのがすばらしいです。
向上心のある顧問の先生のおかげで、君たちの向上心もますます高まっていますね。
レッスン中の真剣な取り組み方、鋭い反応の仕方、良い雰囲気づくり、そして、こんなに素敵に歌えるようになったこと...4月に1年生を迎えたら、君たちの成長の中に1年生を取り込んで、ますます大きな仲間で、豊かな中学校生活を送れるように努力してください。
次回会えるのは6月です。
課題曲や自由曲...どんな曲を選ぶのかなぁ。どんな演奏を作っていくのかなぁ。
楽しみにしています! がんばれ!


P1270324_convert_20140308221324.jpg
私の『わすれるなこの一言』を、日めくりカレンダーにして、毎日唱えてくださっています。 
今日の言葉は、この2つです。




高校バンド1校目です。

005_convert_20140307163430.jpg

昨年の12月に初めてお伺いさせていただいた高校です。
今は、1、2年生の20数名で活動しています。

このバンドは、初心者が多いというか、ほとんどが初心者、しかも半数以上が男子部員という特徴を持つバンドです。
ちなみに、上の写真のフルート、クラリネットの生徒さんたちは、全員が初心者です。なのに、上手い!びっくりです。

中学校まで運動部でバリバリやってきた生徒さんたちが、このバンドに足を踏み入れると、何か引き寄せられるように魅力を感じる...そんな素敵なバンドなのです。

小学校や中学校から吹奏楽を続けてきた部員と全くの初心者の間には、当然、経験や技術、求めるものの差がありますが、皆、ここで音楽をすること自体、いや、ここに集まること自体がとても楽しいようで、学校の中のとても居心地が良い空間になっているようです。

顧問の先生は、ベテランの男性の先生と新卒の女性の先生です。
お二人とも、今年度赴任されて、このバンドを率いていらっしゃいます。

1年間このバンドの部員たちと生活を共にしてきて、このバンドならではの特質、これから向かうべき道や自らの気持ちの持ち方などが見えてこられたようです。
生徒さんたちも、先生方の考え方が見えてきて、それに対する自分の気持ちや考えを伝えられるような関係ができてきたようです。

ある意味、ここからが先生方と生徒さんたちの新しい出発なのだと思います。
そんな大切な時期の練習を、心を込めてお手伝いさせていただきました。

曲は、私の提案で取り上げていただいた楽しく美しい曲です。

001_convert_20140307163312.jpg  004_convert_20140307163411.jpg  
打楽器はみんなイキイキ、身体にリズムを感じて演奏しています。

002_convert_20140307163331.jpg  003_convert_20140307163351.jpg
楽器で歌う、楽器で語る、楽器で伝え合う...合奏の大切な一面を体験していただきました。

P1270325_convert_20140309183809.jpg  007_convert_20140308000627.jpg
コミュニケーションが何より大切。笑顔で気持ちを語ってくれるさわやかな部員たちです。 

008_convert_20140308000649.jpg
中学校時代とは違う「自分探し」に励む皆さん。
活発で明るい皆の人柄、余計なプライドなど何もなくあるがままの気持ちを向けてくれる素直さ、自分たちの居場所をより楽しくしようとする皆の雰囲気づくり...
この吹奏楽部のそんな「人間味」が、僕は大好きです。
自分たちの可能性に「限界線」を引かないこと...今回の君たちとの練習で、これからますます伸びる可能性を感じました。
そんな君たちの可能性を、先生方は最大限に引き出してあげたいと、これからの道を思い描いていらっしゃいます。
そんな先生方と共に、4月から、新しい1年生を迎え、どんな活動をしていきますか?
どんな青春のドラマを作り出していきますか?
ドラマの主役は君たちです。
次に会えるのは6月...その日を今から楽しみにしています!


009_convert_20140308000707.jpg
今回、とても大切にした「キーワード」でした。...時々、思い出してくださいね!
皆も、先生も...




高校バンド2校目です。

011_convert_20140307163615.jpg

このバンドも初心者が多いのですが、みんなともかく練習が大好きな人々です。
卒業式を終えた3年生も、数名、練習しに来ていました。
楽器を演奏することが、生活の一部になっているのです。
そして、みんなとても朗らか。男子も多いですが、とても優しく穏やかな青年ばかりです。
心から生徒を信頼し、「うちの生徒は、いい子たちばかりです」と胸を張っておっしゃる顧問の先生を、生徒さんたちも心から信頼して、とても良い関係を結んでいます。
「子弟関係」とは、こういうことをいうのだなと、先生と生徒さんたちの関わり方を見て思います。
強く引っ張り過ぎるわけでもなく、放任するでもなく...その絶妙なさじ加減で、生徒さんたちは、それぞれの可能性を存分に開花させている感じです。

コンクールでは、これまで小編成の部で大活躍して来ましたが、来年度は大編成の部に挑戦しようと、課題曲をすでに3曲、しっかり練習し、それぞれの曲に対する意見をひとりひとりが持っていました。

今回のレッスンで、皆がそれぞれの曲の良さや難しさを再認識し、最終的には、新1年生の入部状況も加味しながら、生徒たちの意見を生かして選曲するそうです。
先生にはやりたい曲があるようですが、生徒さんたちの思いの方を先生は優先されようとしています。
「主役は生徒ですから...」と。

私も、責任を感じながら、特に、それぞれの曲の「勉強」の仕方の中心になる面を強調しながら、レッスンさせていただきました。
レッスン後、今までとやりたい曲が変わったメンバーも出てきました。
もうしばらくじっくりと取り組みながら、今年の夏にかける曲を選んでいってほしいと思います。

どれを選んでも、きっとこのバンドの「味」を前面に出した素敵な演奏を生み出していくに違いありません。

楽しみです。

012_convert_20140307163632.jpg  013_convert_20140307163650.jpg
ホルンパートは、バッチリ4人います。絶妙なハーモニー感がすばらしいパートです。

014_convert_20140307163708.jpg  016_convert_20140307163733 - コピー  
チューバパートは3人もいて、しかもひとりひとりに存在感があります。
ユーフォニアムと共に豪華なバリチューバサウンドを生み出しています。


018_convert_20140307163813 - コピー  015_convert_20140307163757 - コピー 
のびのびと演奏できるための「身体の整え方」のトレーニング中です。

019_convert_20140307163835 - コピー
ひとりひとりに音楽へのこだわりがある皆さん。
先生が、「一方的な方向」に音楽を引っ張ることをされず、「君たちはどうしたい?」と問いかけながらご指導してくださることが、そんな「ひとりひとり」を育てているのだと思います。
このバンドで3年間を過ごすことが、楽器の技術の向上だけではなく、「自分らしさ」を磨くという点からも、とても良い「時」だと感じます。

君たちと音楽する時間が、いつの間にか、僕にとっても幸せな時間に感じられるようになってきました。
君たちに教えることよりも、君たちから学べることの「素敵さ」に心が弾むからです。
きっと君たちの高校生活も、互いの良さにときめき合い、心弾む毎日なのでしょう。

本当に幸せだね、みんな! 
さあ、もうじき春がやって来ます。新緑萌える中で、ひとりひとり、ますます輝いていこう!


010_convert_20140307163559.jpg
学校近くの公園です。北陸らしい風景...こんな良い環境で学ぶ皆さんです。


今回も、富山の先生方と生徒さんたちと、たくさんの感動と学びを共有させていただきました。

「田川先生に来ていただくと、僕も生徒たちも、元気が出て、前に進むエネルギーがみなぎるんです。ありがとうございます!」...先生方にこんな風に言っていただけて、とてもうれしく、ありがたいです。

私も、先生方と生徒さんたちから、明日へのパワーをたくさんいただきました。

こちらこそ感謝です。

6月にまたお会いしましょう!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-03-09(Sun)10:30 [編集]