田川伸一郎のブログ

緑豊かな学び舎で

今日は、千葉県内でも少し遠い所にある小学校にお伺いしてきました。
私の家から、車で約1時間半位かかる学校です。


このブログを通してメールをいただき、先生とのご縁が生まれました。

同じ県内でも、全く違う地区でもあり、初対面の先生と子どもたちに会うことを楽しみに、今日は伺わせていただきました。

緑豊かなとても落ち着いた地域に建つ学校でした。
どこか懐かしいような景色、そして、風格のある校舎には歴史が感じられました。

P1270387_convert_20140310195503.jpg

               P1270389_convert_20140310195524.jpg

校長室では、校長先生から、この地域や学校のすばらしさをたくさん聞かせていただきました。
また、校長先生と私は、共通の知り合いがいることもわかり、うれしくなりました。

そして、子どもたちが待つ音楽室へ。
今日は、5時間授業で、約2時間の放課後練習の日でした。

P1270352_convert_20140310195150.jpg

もう6年生は引退して、今は、4、5年生での練習なのですが、「ぜひ一緒にレッスンを受けたい」という6年生3名も参加していました。

皆、はじめからニコニコしていて、とても良い雰囲気をもっていました。
あいさつもとても元気です。

練習の前に、少しおしゃべりしました。

「先生の近くに集まってごらん」と言うと、ダダダ...とあっと言う間にまとまりました。
こういう「照れ」のない子どもらしさが大好きなのです。

P1270327_convert_20140310195030.jpg  P1270332_convert_20140310195055.jpg
みんな可愛い眼をクリクリさせながら、しかし、とても真剣に話を聞くことができました。

こういう何気ない場面からも、「子どもたちの日常」、もっと言うと、「顧問の先生の日常のご指導」が見える気がします。

心が開き、心が通い、とても安定した気持ちで活動できているバンドだなと思いました。
先生の日々のご指導が、子どもたちの心に届いている「信頼感と安心感に満たされた空気」でした。

演奏が上手いとか上手くないとか以前に、こういう「信頼感や安心感」がバンド活動には必要で、バンドが子どもたちにとって「居心地の良い場所」であることが、すべてを左右するものなのです。
「家庭の雰囲気」と同じです。


おしゃべりの後、いよいよレッスンに入りました。

先生からは、「基礎的な練習の仕方」というご依頼もいただいておりましたので、私流の基礎練習のパターンから2つの練習方法を実演させていただきました。

どちらもこのバンドではやっておらず、子どもたちは、とても珍しそうに、楽しそうに取り組んでいました。

P1270358_convert_20140310195237.jpg  P1270357_convert_20140310195215.jpg
練習中の話の聞き方もとても良い子どもたちです。驚きや関心など「反応」も豊かでした。

P1270345_convert_20140310195124.jpg  P1270359_convert_20140310195301.jpg
人数が多くない分、ひとりずつの音を聴いてあげられてよかったです。 

基礎の時間が少し長くなってしまいましたが、子どもたちは飽きません。
しっかりと取り組み続けます。

こういう「根気」も、先生が日頃から育てていらっしゃるのでしょう。

先生は、音楽専科として1年から6年までの全学年の音楽授業を担当され、全校音楽も活発におこなっておられるそうです。
6年生をしっかり育て、それを手本に全校児童が育つという理想的な教育を音楽を通しておこなっていらっしゃいます。

バンドの子どもたちは、先生の音楽の授業で、音楽の基礎と学ぶ態度をしっかりと育ててもらい、その「延長線上」としてのバンド活動で、その「学び」を深めているのだと思います。


曲の練習では、得意のレパートリーを教材にして、拍感やスピード感を増す練習をしました。

私の指示で「声を出す」ことも、全く普通にできる子どもたちでした。
こういう「心が開かれた」状態で練習すると、ひとつひとつの手だてがとても効果的に生きてきます。

短い時間ではありましたが、「ビフォアー・アフター」のように演奏が変容しました。
すばらしかったです。

P1270370_convert_20140310195341.jpg  P1270366_convert_20140310195323.jpg
打楽器のレッスンもしっかりと。とてもリズム感の良い子どもたちです。

P1270377_convert_20140310195408.jpg  
音のスピード、演奏の推進力がアップして、とても良い演奏になりました。
みんな「心と身体」が生き生きしているので、音楽の変容もよくわかり、私も先生方も、そして、子どもたち自身も感動でした。


最後には、今日のレッスンの感想を手を挙げて発表してもらいました。

数名が、サッと手を挙げて、それぞれに感じたことや学んだことをうれしそうに話してくれました。

P1270384_convert_20140310205340.jpg  P1270392_convert_20140310195540.jpg  
ひとりひとりの「感想」に、先生もニコニコされていました。
特別参加した6年生のチューバ君は、「色々な基礎練習があるんだなとわかり、中学校でも続けようかなと思いました。」とうれしいことを言ってくれました。ぜひ続けましょう!


P1270385_convert_20140310195433.jpg
緑豊かなすばらしい環境、君たちのことを本気で教え、導いてくださる先生方、そして、とても素直な心で教えを受ける君たち...
心が洗われるような、とてもすがすがしい時間でした。
2時間があっという間でしたね。
一生懸命取り組んでいると、時間がはやく過ぎていくのですね。

これからも、今日のように、「あっという間に練習時間が過ぎる」と思える集中力と本気で活動に取り組んでいきましょう。

初めて会った君たちが大好きになりましたよ!
同じ千葉県でも、ちょっぴり遠い学校ですが、また喜んで伺わせていただきます!

来年度のレッスンでは、新しい4年生も加え、いっそうにぎやかになった君たちに会いたいです。

そして、今日やった基礎練習の成果も見せてくださいね。

みんなみんな、がんばれ!


お招きいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-03-11(Tue)06:47 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-03-11(Tue)19:31 [編集]