田川伸一郎のブログ

心通った素敵な仲間たちのハーモニー

今日の午前中は、レッスン校の千葉県立船橋東高等学校にお伺いしてきました。

3月27日に行われる「第36回定期演奏会」に向けて、猛練習の日々です。


今年度は、『特別企画』で卒部生バンドも出演します。
現在の顧問・川口智子先生が赴任して以来の卒部生たちが対象です。


高校を卒業した後、楽器や音楽を続けている人もいますし、中には音大(東京藝大も!)で専門的に楽器を勉強している人もいますが、逆に全く吹いていないというメンバーも多いです。

この『特別企画』の連絡が届いて以来、少しずつ出演希望者が増え、何と81名もの卒業生が集まりました。

土曜や日曜の練習数回で本番を迎えますが、学校や仕事の関係でなかなか全員がそろうということは難しいです。
しかし、この音楽室で、泣いたり笑ったりしながら活動した仲間、そして、指導してくださった川口先生との心の絆は堅く、まとまったサウンドや先生の作られる音楽の流れをキャッチする鋭い感性は見事です。

代は離れていても、同じパートの先輩後輩がすぐに仲良くなって、楽しい「輪」になっていることも、素敵だなと思います。


P1270418_convert_20140315222559.jpg  P1270417_convert_20140315222541.jpg
卒部生だけでの演奏曲は、『オリエント急行』です。
高校時代と変わらず、先生からの注意には「ハイ!!」と。
皆、楽しくも真剣です。演奏中には、同窓会気分はありません。



P1270424_convert_20140315222715.jpg
現役との合同演奏は、164人の大世帯。よく並んだなぁ。
演奏曲は、『リバーダンス』です。


P1270435_convert_20140315231613.jpg  P1270421_convert_20140315222628.jpg
元副顧問の平澤一彦先生も、得意の打楽器で参加です。   クラリネットだけで33名!

P1270434_convert_20140315222740.jpg
こんなにたくさんの生徒、卒業生に囲まれて幸せいっぱいの川口智子先生です。

私も、『アニー・ムーアの祈りの詩』(樽屋雅徳)と『雷鳴と電光』(シュトラウス二世)の客演指揮をさせていただきます。

来週の金・土・日の3日間は、学校で合宿です。

心通った素敵な高校生たち、卒業生たちと「同じ仲間」として、がんばりたいと思います。

皆様、ぜひご来場ください。

螳壽シ斐メ繝ゥ繧キ_convert_20140315223241

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-03-16(Sun)09:51 [編集]