田川伸一郎のブログ

1週間前

東京ブラスコンコードの演奏会まで、あと1週間。

土曜日の前日は、最終確認や通し練習です。

細かく練習できるのは、今日が最後です。


残された貴重な時間で、私たちが選んだ練習方法は、「車座方式」でした。

皆がひとつの「円」になり、お互いの顔を見合い、互いの意見を交わし合い、技術的な注意よりも、曲の各場面のイメージの共有をし合いながら、練習を進めました。

P1270760_convert_20140420222046.jpg  P1270761_convert_20140420222115.jpg
はじめは指揮者無しで、プリンシパルコルネットのリードでアンサンブル演奏します。


「自分たちの演奏」という意思をしっかり持ち、「指揮者の音楽を音にする」「指揮者についていく」ということではなく、指揮者も演奏者もひとつの束となって演奏するというTBC独特の表現を具現化していきました。

意見もいつも以上に活発に交わされました。

「どう演奏したいのか」ということを、皆で確認し合いながら、一曲一曲の「色」や「温度」や「景色」を共有していくことは、楽しい活動でした。

朝の9時から夕方5時近くまで、わずか45分のお昼休みと合間のわずかな休憩をはさみ、みっちり練習しました。


P1270762_convert_20140420222134.jpg
自分たちでアンサンブルするだけでなく、指揮者も中に入って、皆と一緒に音楽します。

今日の練習は、なかなか効果が上がりました。

これまで平面的だった曲、温度や色の変化が乏しかった曲の表現が、良い意味でオーバーになりました。


いよいよ来週の日曜日が本番です。

頑張ります。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-04-22(Tue)19:41 [編集]