田川伸一郎のブログ

「魔の6月」でも

6月...
学校に勤めていた頃、私にとって、6月はとても「危険な月」でした。
私は、「魔の6月」と呼んでいました。

「魔の6月」...
新学期になって張り切ってスタートした4月、子どもたちもやる気満々です。
特に、6年生は「最上級生」としての喜びを持って進み始めます。
「今年はどうなるかと思っていたけれど、なかなかいいかも!」と期待させてくれます。こちらも、新鮮な気持ちでそんな子どもたちに向かい合えます。

それが、梅雨を迎える6月頃になると、どうもこちらの思いと違う何かが起こり始めます。
あんなに張り切って早く来ていた6年生が、どことなくゆるんで微妙に来るのが遅くなったり、「帰りの会」が長引くのか何だかしらないけれど、放課後練習の集まりが遅くなったり...。 
特に、「クラブ活動」や「委員会活動」の後のように、「さようなら」がバラバラの時など、教室や廊下でしゃべっていて。
4月に入部して張り切っていたはずの4年生の「弱虫さん」が、ちょっとずつ難しくなってくる練習に「やめたい...」とぐずつき始めるのもこの時期でした。
そして、親から「何かと」あったのもこの時期...
夏に向かって燃えていた気持ちが、「がっかり」や「イライラ」に変わることも多く、じっと我慢して「夏」が来るのを待ったものです。
「夏」になれば、色々なことがすっきりして、シャンとしてくるのです。


そんな「魔の6月」に入っている今日、とてもうれしい「空気」に触れて来ました。

県内の中学校のレッスンです。

IMG_1762_convert_20140604223741.jpg

このバンドと出会って1年半、顧問の先生から、「演奏面だけでなく、部活運営、子どもたちの教育という面からもご指導いただけたら」というご依頼があり、私は、先生にも生徒さんたちにも、遠慮なく、「良いこと」「おかしいこと」を伝えて来ました。

部活動は、生徒指導、あるいは「心の指導」が8割と言っても過言ではありません。
それができれば、「音楽」は何とかなっていくと、私は考えています。

このバンドの顧問の先生や生徒さんたちは、そんな「部活動の意味」を深く考えることで、「問題」が見え、「悩み」を抱え、音楽以前のことで、とまどいながら進んで来ました。

今年度も、そんな「悩み」の雰囲気を抱えてのスタートでした。

「なんか雰囲気悪いよ。」「何でみんなそんなに暗いの?これじゃ、音楽できないよ!」と、私にも注意されたこともありました。

「魔の6月...今日はどんな雰囲気かなぁ。」と伺った今日のレッスン。

どこか違います。
音楽室の「空気」がとても良いのです。

まず、女の子たちの髪が、しっかりとピンで止められ、おでこや顔がしっかり見えていました。
あたりまえのことかもしれませんが、前はそういうことも私に注意されていたのです。

先生と皆で、話し合って決めたようです。
年頃の女の子です。何となく前髪を垂らしていたい感情もあるのかもしれません。
しかし、そういうことにけじめをつけて、しっかりと髪を上げ、表情全部を見せる。
それが、「心の解放」「心のエネルギー」につながることは絶対にあると思っています。

今日は、あいさつの声もタイミングもいい。
返事も明るい。人の出方を気にせず、自分の意思で返事をしている。
音楽室に来てからの動きが速く、無駄がない。
各自の音出しに意思がある。
耳を使ったチューニング、基礎合奏、課題曲演奏のための基礎合奏...出しておいた宿題もしっかりクリアしてある。

何より皆の眼がいい!

生まれ変わったようなこのバンドの空気がとてもうれしかったのです。
様々なことを話し合い、本音をぶつけ合い、先生も本気で叱り、あるいは先生ご自身が反省し、皆でしっかり前に進もうという「チーム」になったようでした。

IMG_1757_convert_20140604223648.jpg  IMG_1752_convert_20140604223608.jpg

IMG_1776_convert_20140604223847.jpg  IMG_1773_convert_20140604223821.jpg

IMG_1754_convert_20140604223628.jpg  IMG_1767_convert_20140604223758.jpg

IMG_1761_convert_20140604223725.jpg  IMG_1759_convert_20140604223706.jpg
「おでこ」をしっかり出し、キリッとした「いい眼」で指揮を見ています。

レッスン時間中、態度や雰囲気のことではほめられるばかりで、注意は「演奏のこと」のみでした。

「魔の6月」にもかかわらず...

すばらしかった!

IMG_1779_convert_20140604223905.jpg

今まで感じたことがなかったほどの良い空気を感じた今日のレッスンでしたよ。
「魔の6月」に負けず、このさわやかで前向きな雰囲気を持続し、多くの課題を残す技術や「曲そのもの」の練習に全エネルギーを注いでいってください。
7月のレッスンでは、態度や空気だけでなく、演奏そのものもほめられるように、最善を尽くして努力してください。
応援しています!



皆さんのバンドでは、「魔の6月」に陥っていませんか?

皆の真剣な気持ちで、さわやかな6月を乗り越えられるよう、お祈りしています!



                 203417_convert_20140604231909.jpg
               
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-06-05(Thu)21:25 [編集]