田川伸一郎のブログ

旭川の中学校・高校バンド

今回の旭川レッスンでは、中学校2校と高校1校にもお伺いさせていただきました。
いずれも、5月に引き続き、今年度2回目のレッスンでした。


旭川では、1学期に「北海道音楽大行進」という伝統的なパレードやそのプレコンサートがあり、このパレードには参加するのが普通という位、多くのバンドが参加するそうです。
そして、吹奏楽連盟主催の「吹奏楽祭」もあり、どの学校も、パレード用の練習をしたり、「吹奏楽祭」に向けてポップスの練習をしたり...
さらに、高校はもちろん、中学校でも「野球大会」の応援をバンドでする学校も多く、一人ひとりの選手用の応援曲を短いながら10数曲練習することも。
さらに、中学校では体育祭、高校では文化祭も1学期におこなう学校が多いらしく、なかなかコンクールの練習に集中できないようですが、そのおかげで、コンクールに向けての練習がいつも新鮮でいられる面もあるかもしれません。

そんな「なかなか練習できなくて...」という状況の中、短い時間に集中して努力して来た先生と生徒さんたちの練習に、私も真剣にかかわらせていただきました。



IMG_2751_convert_20140628232738.jpg

IMG_2753_convert_20140628232757.jpg  IMG_2782_convert_20140628232924.jpg

IMG_2783_convert_20140628232942.jpg  IMG_2788_convert_20140628233027.jpg

IMG_2785_convert_20140628233004.jpg
「田川先生、ごめんなさい。前回からあまり進歩していなくて...」と、引きつった顔の先生と生徒さんたち。
田川先生が怒って帰ってしまうのでは...なんて心配していた子もいたとか。
でも、その心配は無用でした。
たくさんの行事に向けての練習も手抜きをせず、パレードも吹奏楽祭も、全力投球で取り組んで来た皆は、コンクール曲の練習は足りなくても、「技術と精神」がしっかりレベルアップしていたからです。
毎日一緒にやっていると、先生も生徒さんたちも気づかないかもしれませんが、私には、この約1ヶ月間の皆の変容がとてもよくわかりました。
今回は、練習用セッティングにも配慮し、音楽室の造りの関係でいつも遠くの位置にいるティンパニーやバスドラムを、大胆にも指揮者のすぐ後ろに置き、バンド全体の音が耳に入りやすい環境で練習しました。
打楽器の生徒さんは初めての体験で、はじめは緊張していましたが、結果的には、「皆の音がよく聞こえて、合わせる感じがつかめてきました!」と喜んでいました。
3年目のお付き合いとなるこのチームの3年生とは、1年生の時から一緒に勉強して来ました。
たぶん、今回が3年生との最後のレッスンになります。
「感謝の合唱」をプレゼントしてくれたり、「握手会」をしたり...名残惜しくお別れしました。
皆、大きく成長しましたね。 中学校最後のコンクール、全力投球で頑張ってください!




IMG_2801_convert_20140630075107.jpg

IMG_2802_convert_20140630075123.jpg  IMG_2806_convert_20140630075139.jpg

IMG_2810_convert_20140630075214.jpg  IMG_2819_convert_20140630075231.jpg

IMG_2823_convert_20140630075248.jpg
今年度からお付き合いさせていただいているバンドです。
先生も、今年度転任されたばかりの先生で、4月以来、様々なことがありましたが、もう先生と生徒たちの心はしっかりと結ばれているようです。
先生も生徒も、互いを受け入れ合い、良い部活を目指して活動していることがすばらしいです。
今年度の自由曲は、私がアレンジさせていただいた日本の管弦楽作品です。
このバンドにとっては、技術的にも音楽的にもレベルが高い曲ですが、先生も生徒さんたちも、この曲に惚れ込んで練習しているのがわかります。
曲の場面によって、醸し出す「味」が全く違うので、それをとらえるために、身体を使った表現活動もしました。
初めての体験だったこともあり、皆、少しの時間だけ「おふざけモード」で始めましたが、「真剣にやりますか?やりませんか?どうしますか?」と確認すると、「やります!」と。 そこからは、すぐに無言で真剣に取り組み始めました。
こういう「賢さ」が、このチームのレベルをどんどん上げています。
木々に囲まれ、山が見え、まるで合宿に来たようなすばらしい練習場に、始終爽やかな「空気」が流れていました。
7月にもお伺いさせていただきます。 楽しみです!




IMG_2824_convert_20140630075305.jpg

IMG_2825_convert_20140630075339.jpg  IMG_2828_convert_20140630075354.jpg

IMG_2830_convert_20140630075411.jpg  IMG_2831_convert_20140630075429.jpg

IMG_2849_convert_20140630075445.jpg
5月に引き続きのお伺いとなった高校バンドです。
お伺いの直前に、「課題曲と自由曲が決まりました」と先生からメールをいただきました。
複数の課題曲と自由曲を練習して、生徒さんたちとの「相性」を最後まで確認し続けた先生の思いがわかりました。
こういうことができるのは、こちらのようなレベルの高い高校バンドのすごさで、普通では6月20日過ぎまで選曲に悩むことはできないと思います。
前年度から練習しているバンドもけっこうある位ですから。
たくさんの行事をこなしながら、また7月には「サマーコンサート」や「文化祭」もあり、なかなかコンクール一本にはなれないようですが、逆に、たくさんの曲に触れ、たくさんの人と出会い、短い練習時間に焦り...それが「集中力」につながっていることは間違いありません。
いつも謙虚な態度の生徒さんたちは、「練習すればするほど、自分の未熟さが見えて、あぁって落ち込むこともあります。」と静かに話していました。
どんなに上手になっても、自分を冷静に見つめ、時には落ち込みながらも前を向いて歩こうとするこの生徒さんたちが、私は大好きです。
コンクールに向けてのレッスンはもうありませんが、先生と皆さんの思いがこもった演奏が仕上がっていくことをお祈りしながら、応援しています。
またいつかお会いできたら...




旭川でのレッスンは、気温も暑く、気持ちも熱く、釧路に引き続きの旅にも、少々ぐったりしてしまいました。
でも、心の中には、先生方と子どもたちの笑顔と真剣な顔、そして、ひたすらな演奏がしっかりと残っています。
もう7月。 コンクールまでの日々が、「勝つための訓練」ではなく、「多くの学びと成長」に満たされることをお祈りしています。
そして、2週間後には、再びお伺いし、他の学校の皆さんとも勉強させていただきます。

ありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-07-02(Wed)21:00 [編集]