田川伸一郎のブログ

時を使い切る

西日本を中心に大きな被害をもたらした台風8号。
千葉県では、さほど影響がありませんでしたが、今日は、時差登校の小学校、中学校もありました。

雨が多かった地方では、土砂災害の危険性がまだ続いているようです。
どうかこれ以上の被害が出ませんように。

みなさまの安全と、被害を受けられた地区の1日も早い復旧を心よりお祈りしています。


「魔の6月」を過ぎ、7月も半ば。
早い所では、もう吹奏楽コンクールの地区大会が始まっています。

多くの地区では、来週、再来週あたりから、コンクールが始まることと思います。

「正念場」...今は、そんな言葉がぴったりの日々です。

先生方は、学期末のお仕事と格闘しながらのご指導かと思います。
部活に出て、その分のお仕事は夜に回していらっしゃる先生方も多いと思います。

児童・生徒のみなさん、先生方はそうやって睡眠時間を削って皆さんのために指導してくださっています。
「ドリル」や「提出物」を〆切までにやっていなくて、「残り勉強で練習に遅れます」なんてことはあるはずないですよね。
いや、あってはならないことですよね。


上の大会に抜けていく学校よりも、始めの大会、次の大会で終わってしまう学校の方が、圧倒的に多いのがコンクールの現実です。

一生懸命練習した曲を一回でも多く演奏したい。
「チャレンジ」のステージを一回でも多く経験したい。
みんなでたくさんドキドキしたい! 感動したい!
こうやって、目標に向かってみんなでがんばれる時を、少しでも長く味わっていたい。

どの学校も思いは同じ。


コンクールが終われば、そこに残された足跡の「大きな意味」が、結果に関係なくわかるものですが、今は、ただただ残された時間を「使い切る」ことに専念してもらいたいです。

時間は、「使い残す」ものではありません。
「使い切る」ことです。

「使い残してただ無駄に流れている時間」など、今は意味を持ちません。

もちろん、人間には時々そういう贅沢な時間も必要です。

でも、今は「正念場」...だから、使い切ってほしい。
2度と巡って来ない「今」という時を...

まだまだできる。

絶対にできる。


*今日から日曜日まで、北海道の旭川市へお伺いして来ます。
前回から2週間しか経ちませんが、初めての出会いをさせていただく学校や今年度初めての学校、5月以来2ケ月ぶりの学校がほとんどです。
今回は、8校の皆さんと汗を流して来ます。

飛行機が飛ぶかどうか心配していましたが、何とかたどり着けそうです。
でも、毎週、ヒヤヒヤです...




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-07-12(Sat)10:38 [編集]