田川伸一郎のブログ

ふるさとからの贈り物

お盆休みはいかがお過ごしですか?

本当にゆっくりされていらっしゃる方もいれば、仕事が続いていらっしゃる方、練習が続いている生徒さんもいるかもしれませんね。


子どもの頃、「今のうちから手をつけていない宿題をやっておいた方」が...と思っても、「まあいいや、まだまだ夏休みはあるし...」とすっぽかし、夏休みの終わりになって必死にならざるを得なかった私でした。

だから、現役の頃も、「計画的にね」なんて子どもたちにはなかなか言えませんでしたが、夏休みの「1日練習」の時には、1時間の「勉強時間」を作っていました。
皆、無言で勉強していました。 いや、勉強させていました。
そのおかげで、ドリル的な宿題は、この時間にかなり進んでいました。


「1日練習」...夏休みの1日練習は、なかなか充実していました。

コンクール目指してがっつりと? いやいやとんでもない。
午前中は、合唱やリトミックやダンス、基礎合奏やコンクール曲の練習。
昼食と昼休みをたっぷり取って、午後は「勉強」をしてから、様々な曲(3月の定期演奏会に向けて)の練習。
だいたい9時頃から4時頃までの練習でした。

レクを織り交ぜたり、楽典の勉強やビデオ鑑賞をしたり...
コンクールの練習をしている時間は、意外に短かったと思います。

そして、7月末か8月初めに吹奏楽コンクールが終わると、吹奏楽部も夏休み。
8月20日頃から再開し、在職5校中3校では岩井海岸での合宿もしましたが、なぜかコンクールの曲は一切やらず、やはり「定期演奏会」に向けてのレパートリーづくりや合唱、ダンスに励んでいました。

8月最後にちょっとだけコンクール曲を思い出して、最後の2日間位は練習なし。
もちろん、「宿題集中日」です。 (宿題が終わっているおりこうさんたちにとっては、「最後の休み満喫日」でした。)

2学期が始まると、いきなり「コンクールモード」になって、「TBSこども音楽コンクール」や「東関東吹奏楽コンクール」に立ち向かっていたのでした。
さっとペースを取り戻せて見事な演奏ができた年もあれば、取り戻せないままコンクールを迎えて撃沈してしまった年も...
でも、懲りずに、そんな夏休みの練習スタイルを続けてきました。

子どもたちとの音楽活動が、コンクール中心に回らないように、あえて意図していたのでした。
小学校の吹奏楽部で学ぶこと、体験することが、子どもにとってより広く豊かなものであってほしいと願ったのです。

子どもたちの成長を長い眼で見続けていたからこそ、できたことだと思います。

------------------

私は、昨日と今日は、本当にゆっくり過ごしました。

そんな私の休息に、福島と北海道の先生が、彩を添えてくださいました。
それぞれのふるさとの「美味しいもの」を送ってくださったのです。

IMG_4292_convert_20140813205514.jpg
福島の美味しい美味しい「桃」と、100%天然果汁の完熟りんごジュースです。

IMG_4293_convert_20140813205529.jpg
普通の「りんごジュース」と、どうしてこんなにも味が違うのか...

IMG_4294_convert_20140815195020.jpg
北海道からは、「ほたて」です。 写真では大きさがわかりませんが、とても大きな「活ほたて」です。
バター焼きにして、ホクホクの美味しさを味わわせていただきました。



こちらの都合までしっかり確認して、日時指定で送ってくださるご配慮もありがたく...

先生方、本当に本当にありがとうございました。



日曜日からレッスン再開で、また休みのない日々が続きます。

土曜日までは、超ぐうたら、超まったりします...

ホェ~

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-08-16(Sat)10:17 [編集]