田川伸一郎のブログ

埼玉県の小学校バンド

今日の午前中は、埼玉県の小学校にお伺いしてきました。

今年度では、初めてのレッスンでした。

こちらのバンドの顧問の先生は、私がとても尊敬しているベテランの先生です。
長い間、吹奏楽指導や音楽教育ですぱらしい実績を上げて来られ、私が現職の頃から親しくお付き合いさせていただいています。

IMG_4885_convert_20140828212510.jpg

先生は、「人間教育」としてのバンド指導を長年続けて来ておられ、練習の時にも、音楽以前のお話をたくさんされます。

静かに真剣に、人として大切なことを語られます。

そういう教育をたっぷり受けた子どもたちは、いつも「神聖な輝き」を見せてくれます。

眼の表情、話に食い入る顔、音楽で語る姿...
あまりに美しく、私は音楽以前に子どもたちの姿に感動してしまうのです。

きっとバンドにも色々な子がいるのでしょうが、皆が同じ輝きでそこに座っている...

教育の力を感じずにはいられません。

先生の「愛」をたっぷり受けて、心が豊かに育っているこの子どもたちの奏でる音楽は、時には波打ち、時にはゆったりと揺られ、時には胸を張って突き進みます。

そして、「音ひとつ」で感動できるほど、美しい「音の素材」を持っています。
木管は、時に弦楽器のような響きを出し、金管楽器は人の声のような音色を奏でます。

どんなフレーズにも音楽を感じて、楽器で語っています。


このバンドは、西関東吹奏楽コンクールに向けて、有名なミュージカルの曲を練習しています。
先生と一緒に相談して決めた曲です。
そして、子どもたちが大好きな曲です。

場面の「色」や人物の「表情」を思い描き、それが「合奏」として聴く人の心に映し出される演奏を求めて、密度の濃い練習をしました。
アドバイスしている内容や使っている言葉が、つい小学生のレベルを越えていることに時々気づきます。

それでも、子どもたちはついて来ます。

音楽の深遠な美を求めるところまで、子どもたちの欲求が育っていることがすばらしいです。

IMG_4886_convert_20140828212529.jpg  IMG_4887_convert_20140828212547.jpg

IMG_4893_convert_20140828212606.jpg  IMG_4896_convert_20140828212637.jpg

IMG_4917_convert_20140828212728.jpg  IMG_4936_convert_20140828212747.jpg

IMG_4951_convert_20140828212826.jpg


神聖な輝きを持った君たち。
そして、とっても子どもらしい側面を持った君たち。
今日も、いつもと同様に、君たちの姿、生き様、音楽への関わりのすばらしさに学ばせていただきました。
君たちが「あたりまえ」にやっていることは、なかなか出来ないことなのですよ。
君たちに根気よく教え、育ててくださる顧問の先生のおかげですね。

「バンドで大切な育つもの」...それをいつもしっかりと自覚しながら、これからも「素敵な子ども」でいてくださいね。

西関東大会、心に響く良い演奏が出来ますように...

応援しています!



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-08-29(Fri)19:25 [編集]