田川伸一郎のブログ

神奈川県の高校バンド

昨日は、神奈川県の高校バンドのホール練習のお手伝いに伺って来ました。

IMG_5236_convert_20140902074324.jpg

このバンドと出会って3年になります。

「よこすか芸術劇場」で開かれた小学校の部の東関東大会を聴きに行った時、役員をされていた顧問の先生から、「田川先生ですか?いつもブログを読ませていただいています。あの、いつか私の学校に...」と、お声をかけていただいたことがご縁となり、以来、年に何度かお招きいただいています。

先生は、単に演奏の向上のために私を招いてくださっているのではなく、部活の運営、生徒との関わり方、指示の出し方、ほめ方や注意の仕方、生徒への音楽的アプローチの仕方...と、「教育的指導力」のレベルアップを目的とされています。

つまり、「教師」として成長したいという願いをもって、私を招いてくださっています。
私も、そのような先生の願いをすばらしいと感じ、できるだけその願いに沿ったレッスンをさせていただいています。

先生は、私を信頼して、部の良い状態も悪い状態も、隠さずありのままお話ししてくださいます。
また、先生ご自身のお悩みや葛藤、反省も、お伝えくださいます。
ですから、私も、率直な意見を述べさせていただき、時には励まし、先生の「生き様」に寄り添わせていただいています。

先生は、とても心がきれいで、優しい方です。
先生のように、心がきれいで、生徒への愛情が深い先生ほど、深く悩み、傷つきます。
それは、とても美しい悩みだと私は思います。
だからこそ、真剣に寄り添って差し上げたいと考えるのです。

これまでに、何度も先生と語り合いました。
レッスンの後、我孫子の自宅に帰る終電ぎりぎりまで話し合ったこともあります。

そして、先生は、大きく変容されました。
当然、部活も生徒さんたちも、大きく大きく成長しました。

昨日は、東関東大会に向けてのレッスンでした。
部員がどんどん増加し、県の吹奏楽連盟の規定で、B部門に出場できるのは今年度までです。
来年度は、A部門に出場しなければなりません。

このバンドにとって最後になるかもしれないB部門の東関東大会。
2年連続「ゴールド金賞」を受賞して来たこのチームにとっては、もちろん、今年の目標は「東日本大会出場」ですが、もっともっと大きな目標がこのチームにはあります。

今までは数名が控えのメンバーだったこのバンドも、今年は大勢が「メンバー外」です。
「星組」と呼ばれるコンクールメンバーと、「華組」と呼ばれるメンバー外のメンバー。
「両者が、共に輝く夏にしよう!」という大きな目標でした。

先生は、そのために、「華組」を、マーチングコンテストに出場させることを考え、初のエントリーをされました。
とても難しい課題もあることを承知の上で、先生は決断されました。
いざ始めてみると、それは想像以上の難しさでした。
先生から「悲鳴」のメールが届いたこともありました。

何とかマーチングの本番を終えることが出来、今は「華組」は、県代表になった「星組」のサポートに回っています。
県大会で終わった「華組」のメンバーが、県代表になった「星組」のサポートをするということが出来てこそ、本当に「両者が共に輝く夏にしよう!」という目標が達成されることになります。

こういう「関係」に、人間としての大きな力が求められます。

東関東大会に出場できる「星組」のメンバーが、「自分たちだけが東関東大会に出場出来て、申し訳ないな...」と思いながら、いつも「華組」の仲間を心の中に思いながら、精一杯輝くこと...

県大会で終わってしまった「華組」のメンバーが、「星組だけが東関東大会に出場出来て、ちょっぴり悔しいな...」と思いながらも、「星組」が精一杯輝くために、サポートを通して輝くこと...

このバンドとしては、初めてのこういう「関係」を体験し、人間として大きくなりながら、チームは前進しています。


昨日は、せっかくのホール練習ということで、学校で出来る細部の練習は全て「宿題」にし、むしろ、「宿題」を見つけ出す作業、そして、ホールでしか出来ない「セッティング変更」「バランス」「サウンド」「表現の豊かさ」「色彩感」「音の距離感の確保」「ステージ上の一体感」「ステージから客席へのメッセージ力」などにこだわって進めました。

指揮無しで演奏し、顧問の先生と私が客席で討議しながら指示を出したり、私が指揮をしてレッスンし、先生が客席からコメントされたり、先生と共にステージで表現や指揮を練り上げたり...

とてもとても有意義で濃い練習時間を過ごすことが出来ました。


IMG_5223_convert_20140902074207.jpg  IMG_5226_convert_20140902074226.jpg

IMG_5227_convert_20140902074241.jpg  IMG_5228_convert_20140902074300.jpg

IMG_5264_convert_20140902074358.jpg  IMG_5268_convert_20140902074417.jpg

IMG_5283_convert_20140902074506.jpg  IMG_5296_convert_20140902074522.jpg


学校でクリアしなければならない「重要課題」も見つかりました。

皆が少しずつ自信を持ちながら、楽しみながら、そして、真剣に考えながら、コンクールに向かっています。

「皆が輝く夏にしよう!」も、ゴールを迎えようとしています。

演奏も心も、「大人」になって...


IMG_5246_convert_20140902074341.jpg
私にとって、とても大切な先生です。
もちろん、生徒さんたちにとっても、大切な先生です。
先生のおかげで、みんなみんな大きく成長しています。  
この私も...



20140901_162820_convert_20140901234953.jpg
「星組&華組」 みんなでひとつ、みんなで青春!  がんばれ!


このバンドのブログから昨日の記事を原文のまま転載します。

「どう寄り添うか」

練習、お疲れ様でした。

今日は、講師の先生をお招きしての星組のホール練習でした。

僕は華組なので、練習に同行して鑑賞していたのですが、やはりホールでの練習というものは、いつも練習している音楽室や教室とは違い、自分の音が何処に向かっているのかということに対する意識があるかどうか、というような、普段とは違うことを意識することのできる貴重な場面だなと改めて思いました。

講師の先生のレッスンは、とても具体的に、どんどん良い所を引き出していくのが、客席にいる自分にも、いや、だからこそとても良く伝わってきて、自分もあのレッスンを受けたいなー、と、正直少し羨ましく思っていました。

しかし、講師の先生は華組のことも気遣って下さり、「今度また、秋冬頃に華組も交えて全員の音を聴きたいから」と仰って下さいました。

…そう仰って下さったからには、僕達も今から頑張らなくては、そう、思いました。

…少し話は変わるのですが、今日、とある出来事がキッカケで、改めて星と華の在り方について考える機会がありました。

華組は、悔しいですが、上の大会に進むことができず、今、"星組にどう寄り添うか"というのが、華としての課題です。

僕自身としては、ですが、それはまず自分自身をじっくりと一人一人が省みていくことが重要なのではないかな、と思います。

そうする事で、他人との関係も少しずつ変わっていくのではないかな、と今思っています。

結局、最終的に自分を決めるのは自分の意志なので、自分をしっかりと省みること。それが今全員に必要な事なのではないかなと、そう思わされた一日でした。

今日から新学期です。
気持ちを新たに、また、皆で頑張っていきたいです!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-09-02(Tue)18:34 [編集]