田川伸一郎のブログ

「三出休み」でも休みなく

今日は、県内の小学校にお伺いして来ました。

昨年度まで、『東日本学校吹奏楽大会』に三年連続出場し、しかも「三年連続金賞」という快挙を成し遂げた千葉県柏市立酒井根西小学校吹奏楽部です。


IMG_5441_convert_20140918200112.jpg

『東日本学校吹奏楽大会』の規定により、「三年連続出場」の翌年度である今年度は、この大会に出場できないことになっています。

中学校・高校のB部門で該当になった学校も同様ですが、中学校・高校には、仮に人数が少なくても「A部門」に出るという道がありますが、小学校にはそれがありません。

仮に、吹奏楽コンクールに出場したとしても、「代表権」はありません。

『全日本吹奏楽コンクール』では「三出制度」が無くなったのに、『東日本大会』では「三出制度」が始まり、何だかとても可愛そうな気がします。

酒井根西小学校吹奏楽部は、明後日に千葉県文化会館で開催される『東関東吹奏楽コンクール中学校B部門』の最後に招待演奏をさせていただけることになっています。

本当は、小学校部門の日に出来たらよいのですが、今年は水戸での開催ということで、地元千葉県での開催の日に演奏ということになりました。

今年の演奏曲は、天野正道作曲の『沢地萃(たくちすい)』という曲です。
ブレーンから出版されています。
5月の「日本吹奏楽指導者クリニック」の際に、「田川先生~、まだ曲が決まっていないんです~」と焦る顧問の先生と一緒に楽譜コーナーで探索し、酒井根西小学校のキャラクターに合った曲として、先生と納得して決めました。

顧問の戸塚千穂先生は、昨年度から「教務主任」と「音楽専科」を務めながら、吹奏楽部の指導をされています。
去年は、初めての教務の仕事にとまどいながらも、「短時間集中型」のすばらしいご指導をされ、東日本大会・金賞という実績を残されました。

校長先生はじめ、他の先生方も吹奏楽部の活動にとても協力的で、今日は「クラブ活動」の後の時間だったにもかかわらず、クラブ終了後、すぐに子どもたちを吹奏楽の練習に向かわせてくださいました。

これはあたりまえのようですが、小学校の先生ならおわかりかと思いますが、「クラブ活動」や「委員会」の終わりは何だかダラダラして、なかなかピシっと揃わないのが現実です。

この学校の先生方みんなが、戸塚先生と吹奏楽部の活動を、側面から支えようというお気持ちでいらっしゃるのです。
そんな温かい先生方に見守られて、吹奏楽部の子どもたちは、心豊かに育っています。


今年の子どもたちは、まだ一度もこの曲を人前で演奏していません。
コンクールに出場していないのですから、何の評価も講評もなく、初めてメンバーとなって演奏している子どもたちには、「事の重大さ」がわからない子もいます。

外野からすると、「コンクール」を意識しないで活動しているこの状態も良いのではと思うのですが、「招待演奏」という場を与えていただき、「恥ずかしい演奏は出来ない」と思う先生や6年生たちの気持ちも分かります。

それに、「日本管楽合奏コンテスト」にも応募しようということで、厳しい録音審査に受かるだけの演奏を仕上げていかなければなりません。


夏休みも、例年と変わりなく練習を続けて来ました。
コンクールの緊張感がない夏休み練習は、気持ちを保つのが大変だったと思いますが、皆、ゆるむことなく、猛暑と闘いながら練習に打ち込みました。

戸塚先生も、「刺激」を受けるために、県大会や茨城県の県大会にも足を運ばれ、勉強を続けていらっしゃいました。


夏休み後半には、私のレッスンも入れてくださり、私も「宿題」をたくさん出させていただきました。
今日は、今年度、2回目のレッスン...前回から約1か月の変容は...?

IMG_5433_convert_20140918195835.jpg  IMG_5446_convert_20140918200200.jpg

IMG_5444_convert_20140918200146.jpg  IMG_5437_convert_20140918195939.jpg

びっくりしました。

この曲は、小学生にはちょっとつかみにくい雰囲気もあり、前回はまだやっとという面のありましたが、もうかなり「自分たちのもの」にしている演奏を聴かせてくれました。
フルート、クラリネット、サックス、トランペット、パーカッションなどのソロも見事です。

私のアドバイスも、「小学生にこんな難しいことまで言ってゴメンネ! でもみんなはそのレベルだから...」という位、気づいたら高校生に言うようなことを言っている場面もありました。

それを理解して、音に返してくるこの子どもたち...先生の日頃からのご指導、感性の陶冶には敬服です。

IMG_5439_convert_20140918200049.jpg  IMG_5438_convert_20140918200000.jpg


そして、練習が終わると、全体のあいさつの後も、私のところに来て、「先生、今日はありがとうございました!」とニコニコして、もう一度あいさつをしてくれます。

「よく頑張ったね」と、頭をなでなでしてあげると、また次から次へと集まって来ます。

「まあ、みんな、田川先生になでなでしていただいて、ほんとにうれしそうね!」と、戸塚先生もニコニコ。

さっきまで、「音楽家」のように演奏していた子どもたちが、私になでなでしてもらい、ごく普通のかわいい子どもに戻って帰って行きます。

すてきだなぁ!  戸塚先生と子どもたち!

IMG_5443_convert_20140918200132.jpg

吹奏楽コンクールは「三出休み」でも、練習は例年と何も変わりなく、とても熱心に続けていますね。
演奏も例年どおり、本当にすばらしいですよ!

練習の時の真剣さと、練習後のかわいらしさ...どちらの君たちも大好きです!

土曜日の「招待演奏」では、中学生の前でも緊張せずに、胸を張って演奏してくださいね。
もちろん、僕も応援に行きます!

がんばれ、戸塚千穂先生&柏市立酒井根西小学校吹奏楽部!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-09-20(Sat)17:10 [編集]