田川伸一郎のブログ

教え子の活躍 その3

今日は、県内の小学校バンドと高校バンドにお伺いしてきました。

共に、茨城県、栃木県で開催される『東関東吹奏楽コンクール』に千葉県代表として出場するバンドです。



午前中にお伺いした小学校バンドの顧問の先生は、私の教え子です。

彼は、千葉市立幸町第三小学校吹奏楽部の部員でした。

真面目で、練習熱心で、優しくて...

でも、トッププレイヤーではなく...
「縁の下の力持ち」でした。

コンテストに出場した「金管アンサンブル」のメンバーにも選ばれず...
でも、アンサンブルの練習には、「見学率100%」でした。
スコアを見ながら一緒に勉強し、参加するメンバーをいつも応援してくれていました。


中学校でも高校でも吹奏楽を続け、県代表になる高校で部長にもなり、様々な苦労を経験して、「大人」になりました。

いつしか、彼は、「先生になって吹奏楽を指導したい。田川先生のように...」という「夢」を聞かせてくれるようになりました。


教員採用の厳しい時期に大学を卒業した彼は、なかなか採用試験に合格できず、それでもあきらめずに毎年、採用試験を受け続けていました。

「先生になって吹奏楽を指導したい。田川先生のように...」
その夢だけに向かって歩み続けていました。
ただ黙々と...

中学校の特別支援学級の講師をして、「吹奏楽」とは全く別の教育の世界も経験しました。


何年もかかって「小学校の先生」になった彼でしたが、「音楽科」の専門でないため、「学級担任」として採用になり、バンド指導も横で見ている年月が続きました。

2校目の学校でも学級担任をしていましたが、お手伝いしていた吹奏楽部の顧問の先生が、「あなたが指揮してコンクールに出ても...」と声をかけてくださり、彼は、生まれて初めて「TBSこども音楽コンクール」に挑戦しました。
テープ審査に合格し、私と彼の学校は「同じステージ」の、しかも私の前の出番で演奏することになりました。

習志野文化ホールでの、彼の「夢の初ステージ」を、私は舞台裏から祈りながら応援しました。

そして、その後、彼は、音楽の先生としての力を認められ、「夢」だった音楽の先生になり、そして「吹奏楽部」の顧問になりました。

真面目な彼は、私の授業や吹奏楽指導を何度も見に来て、ひたすら勉強してきました。

かわいい「小学生」だった彼が、今は、教育や吹奏楽指導を語り合う「仲間」となりました。

私の「退職」の話も、早い時期から彼にしていました。
私が「自腹」で買った何本もの管楽器は、今、彼の学校の子どもたちに使ってもらっています。
そして、これからも彼が出会う多くの子どもたちに使ってもらいたいと思っています。

彼のバンドは、今日も、ひとりの欠席もなく、みんな輝いて演奏していました。
彼も暑い体育館で、大汗をかいて指揮をしていました。

そう、それが彼の大きな大きな夢だったのです...

習1


昨年に引き続き、今年も千葉県代表として『東関東吹奏楽コンクール』に出場します。

長年かかって「夢」をつかんだ彼の人生を、これからもずっとずっと応援してあげたいと思っています。


がんばれ! 村山和幸君

習2


習4
村山先生と一緒にがんばれ! 習志野市立東習志野小学校吹奏楽部



ご本人の承諾を得て、氏名・学校名を記載させていただきました。






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する