田川伸一郎のブログ

神奈川県の高校バンド

昨日は、神奈川県の高校バンドにお伺いしました。
今度の日曜日、「東日本学校吹奏楽大会」に出場する横須賀学院高等学校です。


コンクール直前のレッスンでしたが、あえて全員での合奏を聴かせていただくお願いをしてありました。

今年度は、1年生がたくさん入部して部員数も増え、コンクールメンバーになれなかった部員も増えました。

このバンドは、大学受験準備のため、5月にある定期演奏会をもって3年生が全員引退し、そこから翌年度のはじめまでは、1、2年生と付属の中学生(数少ないです)だけで活動します。

コンクールに出られない2年生もいますが、コンクールメンバーを応援しながら、コンクールメンバー外の練習の中心になって頑張っていました。

今回のレッスンでは、コンクールの裏で努力を続けていたメンバーも一緒に、どうしても横須賀学院全員の音と音楽に触れてみたかったのです。
コンクールのレッスン時間が短くなってでも、その意味があると思いました。
今年度、何度もレッスンに伺いしましたが、まだ一度も全員の音を聴いたことがなかったのです。

IMG_6192_convert_20141008085532.jpg

曲は、「アナと雪の女王」からの3曲でした。
ただ人数が多いということだけでなく、あきらかにこのバンドが大きく成長していることがわかる豊かなサウンドと歌に溢れた演奏でした。
このバンドとお付き合いさせていただいて3年目になりますが、こんなに豊かなサウンドに感動したのは初めてのことです。

そして、皆の演奏する顔が実に良かった!

IMG_6194_convert_20141008085318.jpg  IMG_6195_convert_20141008085334.jpg

IMG_6198_convert_20141008085351.jpg  IMG_6202_convert_20141008085410.jpg

IMG_6204_convert_20141008085427.jpg  IMG_6209_convert_20141008085447.jpg

IMG_6215_convert_20141008085605.jpg

初めて聴いた今年度のチーム全員の演奏...
ふたつのバンドに分かれて活動して来たここまでの道のり、きっと様々な葛藤もあったことだと思います。
でも、みんな確実に成長しました。
みんなで「一本の道」をしっかり歩いていることもわかりました。

こんなすばらしいチームの代表として、30名がコンクールのステージに立つのです。
選ばれた30名だけが上手いのではなく、全員の演奏がすばらしい上での代表であることに価値があります。

たくさんたくさんお話ししました。
お世辞ではなく、心から感動した気持ちを精一杯伝えました。

全員での演奏を聴かせていただいて本当によかったです。

コンクールメンバーは、このチームの代表であるということに、誇りと責任をもって最後の練習をしていこうと気合いを入れて、後半のレッスンに取り組みました。

IMG_6210_convert_20141008085515.jpg

「少々煮詰まっていまして...」とおっしゃる顧問の先生でしたが、まだまだ良くなる部分があちこちに見える演奏でした。
時間ぎりぎりまで、やり直し、変容し、前進しました。

東日本大会は、さらにレベルが高い大会です。
すばらしいバンドばかりです。

その中で、このチームの良さがどこまで発揮でき、そして、どう評価していだたけるのか...
当日までわかりません。

でも、先生も生徒さんたちも、そして、私も、ブレない軸を持っています。
ここまで皆で歩んできた「道程」こそが、「ゴールド金賞」なのだと...

日曜日、私も客席から応援しています。

心を込めて...

IMG_6214_convert_20141008085633.jpg
帰りには、顧問の碇先生、そして、私のファンでいてくださるテニス部の顧問の先生と、
熱い「教育談義」をしました。
「心を育てる」ことを何よりも大切にされるすばらしい先生方です。



<昨日の部活ブログより>

今日は講師のT先生のご好意で、星組だけでなく、華組も加わった全体合奏を見ていただきました。
T先生がレッスンに来てくださると知ってから、私はとてもこのレッスンを楽しみにしていました。
それは先生のレッスンを受けたいという気持ちもありますが、なによりバンド全体の音がどのように伝わっているのか知りたかったのです。

今まで華と星で活動してきて、この夏のキーワード『関係』について考えて来ました。
楽しいことばかりではなく、どちらかというと苦しい事の方が多かったかもしれません。

もしかしたら、今日の合奏の中にもまだ苦しんでいる人、不安な人もいたかもしれません。

正直私もそういう気持ちが無かったとは言えません。
胸を張って東日本のバンドの一員と言えるのか…足を引っ張っているんじゃないか…そう思っていました。

でも今日のレッスンで、 「今の演奏が母体となってチームが東日本大会に行くという事だったら十分納得がいきます。このチームとして進んでいる道がちゃんと一本にまとまって見えますね。」と褒めていただきました。

お世辞なんかではなく、本当に褒めていただいて、その言葉で少し自分に自信がもてました。
バンドが二つに分かれてしまって、不安でいっぱいの中もがいて、でも先生にそんな風に言っていただいて、涙が出るくらい嬉しかったです。

バンドは生き物だと先生は仰っていました。
バンドが元気な時もあれば、元気が無くて倒れてしまう時もある。
倒れてしまってもいい。でもまた立ち上がって前に進まなくちゃいけない…

すごく私の心に残りました。

これからバンドが一つになって、定期演奏会に向かっていきます。
その中でつまずいてしまったり、倒れてしまったりするかもしれません。
でもそんな時に、皆で支え合って一つの目標に向かっていける…そんなバンドになれたらと思います。



IMG_6185_convert_20141008085805.jpg
この学校の隣は、「三笠公園」です。

               IMG_6190_convert_20141008085820.jpg
               東郷平八郎の像と「三笠丸」です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-10-08(Wed)20:09 [編集]