田川伸一郎のブログ

心をしっかり耕して

今日は、県内の中学校へお伺いして来ました。

家から車を走らせて、約1時間半...少し遠い学校です。
しかし、気持ちは喜びでいっぱい...
それほど素敵なバンドなのです。

このバンドに伺うのは、1年ぶりです。
数日前にアップした中学校の先生と同じように、「最後の勉強」をご希望されてのご依頼でした。

学校に着くと、まずは、「歓迎演奏」で迎えてくださいました。

IMG_6722_convert_20141026223550.jpg

IMG_6727_convert_20141026223623.jpg  IMG_6725_convert_20141026223606.jpg

IMG_6744_convert_20141026223854.jpg

IMG_6729_convert_20141026223641.jpg

きらきらした表情と生き生きした演奏、去年と同じ感動で、今日の出会いはスタートしました。

顧問の先生は、2人の女性の先生です。
何よりも、「心を育てること」を大切にされている先生方です。

先生のご指導やお話に、私は学ばせていただいています。
そして、そんな先生方が育てる子どもたちは、心穏やかで素直、そして、本気です。

すばらしい生徒さんたちなのです。


レッスンは、今年の「コンクール曲」の最後の勉強でした。

IMG_6742_convert_20141026223811.jpg

顧問の先生の指揮で、聴かせていただいた曲は、夏の日の努力の足跡がぎっしり詰まった熱演でした。

先生の指揮を見る眼、本気で奏でる音楽...感動しました。

もうレッスンはいいかなと思った位ですが、せっかくお招きいただいたので、私が感じたままをお伝えし、さらに変容していくことを求め、楽譜に戻り、楽譜から学ぶことも大切に進めさせていただきました。

IMG_6754_convert_20141026235248.jpg
フレーズを豊かに表現するために、まず歌います。 手も付けて...

IMG_6759_convert_20141026235034.jpg  IMG_6762_convert_20141026223933.jpg
ひとりでも歌います。 指名すると、平気で前に出て自分らしく歌います。
自分を出せる雰囲気が、この部活にはあります。 先生方が育てられた「環境」です。


IMG_6924_convert_20141026225230.jpg
「すばらしい!良く出来ました!」...皆で拍手。 うれしそう!

楽しくも、厳しく、この曲の本質に迫って行きます。
シンプルな音の動きの箇所も見逃さず、音ひとつひとつの存在価値について、皆で話し合い、それを表現に移行する練習をします。

「最後の勉強」にふさわしい深さで...

IMG_6743_convert_20141026223832.jpg  IMG_6741_convert_20141026223744.jpg

IMG_6738_convert_20141026223726.jpg  IMG_6925_convert_20141026225254.jpg

皆、「今日の日の目標」をしっかりつかんで参加しているので、何も言わなくても、眼は常に真剣。
とても良い顔で座り、演奏しています。
実にすがすがしい顔です。

IMG_6837_convert_20141026224101.jpg  IMG_6802_convert_20141026223952.jpg

この集中力は、どこから来るのでしょうか。
集中しないと、後で先生に怒られるから?   とんでもありません。
そんなウソの集中力は、どうせすぐにボロが出ます。

このバンドの生徒さんたちには、並以上の「向上心」があるのです。

もっと良くなりたい、もっと変わって行きたい、もっと何かをつかみたい...

だからこんなに良い顔になるのです。


そして、ちょっとリラックスする話をすると、すぐに表情をその雰囲気にして、皆で笑います。

IMG_6835_convert_20141026224038.jpg  IMG_6829_convert_20141026224009.jpg

相手の気持ちを読み取り、それにふさわしい反応をして、一緒に「豊かな練習時間」を形成していこうとするチームなのです。
メリハリが効いた切り替えの速い、見事なテンションキープ。

そして、歌も身体の動きも、すぐに反応してやります。
もじもじしたり、顔を見合ってやったりということを、この生徒さんたちは、誰もしません。
自分らしく堂々とやります。
1年生も伸び伸びやっています。

この生徒さんたちは、吹奏楽の練習で、「人との関わり方と豊かな生き方」を身につけているのです。

IMG_6733_convert_20141026223703.jpg
自転車の遠距離通学者もおり、「ヘルメット」をかぶります。
私がちょっといたずらして、ヘルメットを借りてかぶってみると、あっと言う間に数名が揃い、記念撮影に。
顧問の先生も一緒に乗ってくださいました。
こういうユーモラスな面も、生徒さんたちに愛される先生の魅力です。



今日は、お昼を挟んで、午前午後のレッスンでした。

コンクール曲も、もう一度、様々な曲の構成要素、フレーズの味、テンポ感や発想記号を生かした音楽の表情...
ものすごい集中力を途絶えさせず、疲れた顔も見せず、最後まで変容し続けて、レッスンは終わりました。

皆も先生方も、満足感でいっぱいのようでした。


その後、素敵な「音楽のプレゼント」が...

IMG_6851_convert_20141026224154.jpg  IMG_6857_convert_20141026224217.jpg
『宝島』のパフォーマンス演奏です。 振り付けは、全て生徒さんたちがやったそうです。
演奏も見事、動きも見事。
「ディズニーの公演に応募したら、きっと合格しますよ!」...生徒さんたちは、よく知らないらしく、興味津々。
「え~、すご~い! 私たちも出してみたかった~!」
今年はもう無理だと思いますが、来年度はぜひ挑戦してほしいです。 
そんな演奏と動きと笑顔でした。 すごい...



男子ひとりの独唱も! しかも、『荒城の月』です。
眼が点になってしまうほど、うまかったです。 いい声なんです。

IMG_6863_convert_20141026224303.jpg  IMG_6864_convert_20141026224322.jpg
彼は、小学校の低学年からずっと続けて来た「サッカー」を2年生はじめ頃に辞め、その後、吹奏楽部に入部しました。
その頃は、部員は全員女子だったそうですが、気にせず入部。
今年は、チューバも歌も、大躍進しました。  よくやりました!
それにしても、良い声・・・すごい・・・



そして、顧問の先生方からも歌のプレゼントが!
『手紙~親愛なる子どもたちへ』

IMG_6868_convert_20141026224431.jpg  IMG_6869_convert_20141026224347_convert_20141026230821.jpg
ピアノは副顧問の先生が弾いてくださいました。
国語科の先生なのに、ピアノがとっても上手。 きれいな音の前奏を聴いただけで涙が...
先生方の優しい心がこもった本気の歌に、生徒さんたちは涙涙...もちろん、私も...



最後は、『地球星歌』を手話入りで。 表情も豊か、声も美しく...

IMG_6889_convert_20141026224740.jpg

IMG_6883_convert_20141026224610.jpg  IMG_6923_convert_20141026225148.jpg

日本中の「吹奏楽部」の子どもが、こんな風に自分を出し切って美しく歌えたら・・・


そして、最後のお話です。

IMG_6912_convert_20141026224839.jpg  IMG_6908_convert_20141026224815.jpg

このバンドの生徒さんたちは、顧問の先生から、「愛情たっぷりの真心」を受けて育ち、「心をしっかり耕してもらっていること」がわかります。

心をしっかり耕してから、種を蒔き、水をあげ、太陽の日差しをいっぱい受けて、実りを迎えるのです。

心を耕さないでおいて、種を蒔き、「早く伸びろ、はやく実れ」と、身勝手に望む大人も多いです。
・・・それは違います。

まず心をしっかり耕してから...


IMG_6916_convert_20141027010746.jpg
まだ心が柔らかい大切な時期に、「心」を耕してくださるすばらしい先生方に出会った君たちは、本当に幸せです。
君たちを人間として豊かに育てようと、精一杯の努力をしてくださる先生方です。
先生方の思いを、しっかりと素直に受け止めて、大きく伸びようとする君たちは、最高の中学生です。
そんな君たちと一緒に音楽が出来て、僕も最高に幸せでした。


IMG_6919_convert_20141026224948.jpg
もうじき引退の日を迎える3年生たちです。
本当の意味で「大人になる」ということを、あなたたちはしっかりとつかんでいます。
いつまでも、その豊かな表情を大切に、愛情豊かな大人になっていってください。
そう、君たちの先生方のように...




       IMG_6921_convert_20141026230946.jpg
       帰りがけ、玄関を出てふと見上げた夕焼けがきれいだったこと!
       いい日だったなぁ。




帰宅後、先生からいただいたメールの一部です。

こんばんは。
無事に到着されましたでしょうか。
渋滞に巻き込まれ大分おそくなってしまったのではのではないかと思います。

今日は本当にありがとうございました。
言葉にできないほど感謝の気持ちでいっぱいです。
先生のレッスンは、真心にあふれ、これこそ本当の音楽教育だとまた改めて感銘をうけました。
子どもたちは勿論ですが、私たち顧問も沢山の学びをいただき、またひとまわり成長させていただいた思いです。

子どもたちの心から楽しそうに笑う笑顔は本当に愛しく、また、上手にしていただいているという実感にあふれたときの集中力とその目つきはいつも見ている子どもたちとは別人のような大人びた顔つきで、圧倒されそうな場面もありました。
一生懸命田川先生のご指導にくいつく子どもたちの、田川先生を信頼しきる顔つきも心に残っています。

音楽と本気で向き合いながらの、あの笑顔や本物の集中力を、私自身も子どもたちに与えてあげられるよう、また、新たな課題をいただいたとおもいます。

田川先生との思い出と感謝の感謝の気持ちが一人ひとりの誇りと支えになるよう、私たちも、もうひと頑張りしたいと思います。

本当に本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-10-27(Mon)20:36 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-10-28(Tue)09:56 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-10-31(Fri)18:27 [編集]