田川伸一郎のブログ

青春の魂が躍動する時

今日は、久しぶりの再会をして来ました。

明日、横浜みなとみらい大ホールで開催される『第16回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜』(日本高等学校吹奏楽連盟主催)に出場する北海道のレッスン校です。
今日、上京し、夕方から練習をしている会場へ、サプライズで激励訪問させていただいたのです。


この大会は、日本全国で活動する高等学校吹奏楽部に日頃の懸命な練習・努力の成果を発表する機会を少しでも多くの団体に与えたいとの思いから、横浜市の協力を得て開催しているものです。
音楽技術の向上だけでなく、参加者が吹奏楽を通して交流し、新しい吹奏楽の可能性を模索することも目指しています。
そのため、従来のコンクールのような枠に縛られることなく、自由な演出と創意工夫が求められ、吹奏楽がどこまで楽しく且つ素晴らしくなれるかと考えていくことを目的としています。 (大会趣旨より)


録音審査による予選を行い、通過した40校が2日間にわたって演奏を繰り広げます。
チケットは全て完売というほどの人気です。


今年度の課題曲は、スーザのマーチを自由に選択して1曲。繰り返しなどをカットも可となっています。
あとは、自由に選曲して、合計15分のステージを作り上げます。

こちらの高校は、スーザマーチは『無敵の鷲』、そして、自由曲として、内藤友樹作曲の『ドリームトレイン~その夢(さき)の物語~』と『ソーラン節』をパフォーマンス演奏します。

『ドリームトレイン』は、内藤友樹さんが、このバンドのために書き下ろした委嘱作品です。
このバンドが、吹奏楽コンクールで自由曲として氏の『メタモルフォーゼ~吹奏楽による交響的変容』を演奏したことから交流が生まれ、この作品の誕生に至りました。

この曲では、部員全員での「ステージドリル」と「ダンプレ」を組み合わせたパフォーマンス演奏をします。

「ダンプレ」とは、ダンス&プレイ、つまり、踊りながら演奏するステージパォーマンスです。
ちなみに、私は、昭和62年に、幸町第三小学校吹奏楽部で、この「ダンプレ」をすでに手掛け、東京厚生年金会館で発表する機会をいただきました。
曲は、『ロンドンデリーの歌』(アイルランド民謡・大嶋和野編曲)でした。
当時、このような表現をする小学校は皆無で、「ステージドリルとは違う新しいステージの世界」と高く評価していただきました。

今日は、高校生のパフォーマンスに、お口あんぐり...でした。

まさに、「青春の魂が躍動する時」でした。
3年生は、夏のコンクールで一応引退して、それぞれの進路に向かっていますので、最少の時間でこのステージの練習に加わって来ました。
残念ながら、大学受験と重なって出場できない3年生もいますが、皆、勉強との両立に励みながら、せっかく得られた初の横浜大会出場のチャンスを燃焼しようとしています。

IMG_7440_convert_20141107220825.jpg  IMG_7441_convert_20141107220847.jpg

IMG_7446_convert_20141107221002.jpg  IMG_7449_convert_20141107221021.jpg

IMG_7453_convert_20141107221040.jpg  IMG_7456_convert_20141107221059.jpg

IMG_7459_convert_20141107221132.jpg  IMG_7467_convert_20141107221249.jpg
  
「ダンプレ」では、写真を写してもなかなかきれいに撮れないほど、速く過激な動きをします。
こんなに踊りながら、きちんと演奏できることが、奇跡のようです。

そして、内藤氏の曲が、このバンドのカラーにぴったりの和やかで温かく、そして、夢の広がりを感じさせる曲なのです。

皆の真剣かつ喜びに満ち溢れた演奏演技に、感動し、ジーンときてしまいました。
今日は、内藤友樹さんもお越しになり、「ブラボー!」と絶叫でした。

練習の最後に、「先生方にお世話になったお礼に...」と、私と内藤先生を前にきちんと並んで、合唱を聴かせてくださいました。

何と、私が作詞し、大嶋和野氏が作曲してくださった『今日の日をありがとう』でした。
「えーっ、何で~」...私は驚きと感動で、思わず声を発してしまいました。
このバンドが私の大切な曲を練習して聴かせてくださるなんて...
先生は、大嶋先生から直接楽譜を入手して、歌わせてくださっていたのです。

IMG_7463_convert_20141107221211.jpg  IMG_7462_convert_20141107221150.jpg

感謝の気持ちがこもった温かい歌声でした。

ほんとうにありがとうございました。

NSXBPW1qUbIF5Rk1415365570_1415365608_convert_20141107221330.jpg
「青春の魂が躍動する時」...まさにそんな素敵な「時」を感じさせるすばらしい演奏演技です。
この大会も一応コンクールのようですが、賞になどこだわらず、皆さんの「魂」をホールいっぱいに躍動させてください。
明日は、みなとみらいで応援させていただきます。

がんばれ! 北海道旭川凌雲高等学校吹奏楽局(指揮:吉川和孝先生)



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-11-08(Sat)07:57 [編集]