田川伸一郎のブログ

教師十戒

レッスンに伺っている某小学校の「職員トイレ」の掲示です。

IMG_7657_convert_20141125115221.jpg


教師十戒

一、子供をこばかにするな。教師は無意識のうちに子供を目下のものと見てしまう。子供は、一個の人格として対等である。

二、規則や権威で、子供を四方から塞いでしまうな。必ず一方を開けてやれ。さもないと、子供の心が窒息し、枯渇する。

三、近くに来て、自分を取り巻く子たちの、その輪の外にいる子に目を向けてやれ。

四、ほめることばも、叱ることばも真の「愛語」であれ。愛語は、必ず子供の心にしみる。

五、暇をつくって、子供と遊んでやれ。そこに、本当の子供が見えてくる。

六、成果を急ぐな。裏切られても、なお信じて待て。教育は根くらべである。

七、教師の力以上には、子供は伸びない。精進を怠るな。

八、教師は「清明」の心を失うな。ときには、ほっとする笑いと、安堵の気持ちをおこさせる心やりを忘れるな。不機嫌、無愛想は、子供の心を暗くする。

九、子供に素直にあやまれる教師であれ。過ちはこちらにもある。

十、外傷は赤チンで治る。教師の与えた心の傷は、どうやって治すつもりか。



これは、長野県で教師をされていた毛涯章平氏の著書『肩車にのって』に記された有名な語録です。

様々な機会に、この「教師十戒」を目にして来ましたが、トイレで用を足しながら、この「十戒」を読んだのは、この学校が初めてでした。

先生方は一日に何回かは、この『教師十戒』を読むことになるのでしょう。

この学校でトイレに行くたび、私も身が引き締まります。

トイレが、「リラックススペース」ではなく、崇高な(?)場所に。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-12-21(Sun)11:53 [編集]