田川伸一郎のブログ

お米がたまらなく美味しいお店

先日、珍しく銀座でランチをしました。

たまらなく美味しいお米で勝負する京風料理のお店「銀座米料亭 八代目儀兵衛」です。

IMG_8481_convert_20141227213842.jpg

本店は京都にあり、老舗京都米屋が厳選したお米を、水・火加減・釜にこだわり、常に炊き立て
10分以内のつやつや甘い味わいのごはんをおかわり自由でいただくことができます。

釜は、お米の甘さを極限まで引き出すといわれる「土鍋炊飯釜」を使って炊き上げます。
たくさんのこぶりの釜が並び、次々に新しく炊き続ける「炊き立て」へのこだわりです。
おかわりをすると、香ばしい「おこげ」も添えてくれます。

メニューは数種類で、私は、「儀兵衛の精進御膳」(税込1620円)をいただきました。
お米のおいしさに合うおかずも、品のある京風のお味です。

今回は、お誘いくださった先生と相談し、さらに奮発して、お刺身と焼き魚をシェア。
これがまた絶品でした。

何度も、「おぉぉぉぉ、美味しい~」「お米が甘い~」と小さな声で絶叫(?)


IMG_8475_convert_20141227220056.jpg

おかわりにつけていただける香ばしい「おこげ」です。
何とも懐かしい味。
他のお客様には、「おこげ」だけおかわりしている方もいました。

IMG_8478_convert_20141227213648.jpg


座席数は、テーブル12席(2人席×5)+小上がり4人席ひとつ。(最高14人の座席です。)
こじんまりとした店内である分、気配りも細やかで、来店時には「おいでやす」、退店時には「おおきに」と、優しい声で京風情を醸し出してくれます。

落ち着いた店内で、温かいおもてなし、そして、「お米って、こんなに美味しかったんだ」と、改めて感動できるほどのお米の味とお料理の味。

厨房からは、常にご飯が炊き上がる香りと温もりが漂ってきます。

気づいたら、あれやこれやと気に病んでいたことや今年の様々な失敗もすっかり忘れ、心も身体も癒されている感覚がありました。
食事をしてこんな感覚になるのは久しぶりです。

徹底的に「お米」の味わいにこだわったお店です。
銀座の一等地のお店の割に、リーズナブルなお値段なのも、うれしいです。

私は、完全にハマってしまいました。
ディナータイムはちょっとお高いので、私はランチで十分です。
なかなかランチタイムに銀座にいられることはないのですが、また機会があれば行きたいお店です。


「八代目儀兵衛」のHPはこちらです。
http://www.hachidaime.co.jp/


               IMG_8479_convert_20141227213707.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-12-31(Wed)19:05 [編集]