田川伸一郎のブログ

岩手県一関支部『合奏法講習会』その1

この土曜日・日曜日は、岩手県の一関市にお伺いしてきました。

昨日の日曜日に、1日開催された「岩手県吹奏楽連盟・一関支部主催『合奏法講習会』」の講師をさせていただきました。


岩手県は、盛岡や宮古にはお伺いしたことがありますが、一関は初めてです。
先生方とも全く初対面で、少々緊張しながら新幹線に乗り込みました。

土曜日は、移動日で、夜には、事務局の先生、モデルバンドの先生とそのお仲間の先生が、懇親会を開いてくださり、先生方の温かさに、緊張もほぐれ、とても楽しいひとときを過ごすことができました。


そして、日曜日、午前中は、先生方だけでの講習でした。

『学び合おう、語り合おう、豊かなバンド活動をめざして』というテーマで、私が小学校バンドを30年指導して来て得たこと、スクールバンドサポーターとしての活動から得たこと、そして、「教育としての吹奏楽」という面からの提案を、私がお話ししたり、先生方に話していただいたりしながら、文字どおり「語り合おう」の講習となりました。

お集まりいただいた先生方は、一関支部の先生方が22名、岩手県の他地区の先生方が17名、そして、県外からご参加の先生方が3名いらっしゃいました。
岩手県内でも、片道4時間もかけていらした先生もいらっしゃいました。

校種も、小学校・中学校・高等学校・工業高等専門学校・一般バンドと幅広く、互いの良い交流にもなったのではないかと思います。

このように、休日の講習会に、時間をかけ、足を使い、お金を使い、子どもたちのために勉強しようという強いお気持ちで参加されている先生方ばかりです。
日々の校務のお疲れもあるでしょうに...頭が下がる思いでした。

IMG_9177_convert_20150201230741.jpg
会場となった岩手県立一関第一高等学校です。 付属中学校もある中高一貫校です。

先生方は、運営・技術指導・音楽指導について、それぞれのお悩みを抱えて、参加されていらっしゃいました。
私は、そんな先生方が、何か明るい希望や勇気を得て帰っていただけたらと願いながら、1日の講習を精一杯させていただきました。

IMG_9182_convert_20150201230916.jpg

               IMG_9209_convert_20150201231147.jpg


内容の一部です。

1 私の歩んで来た道、そして、小学生の子どもたちから学んだこと

2 今、バンド活動には「夢」が溢れている
  ・今の子どもの実態からみる「バンド活動」への期待
  ・スクールバンドの「良さ」を生かした活動を
  ・「音楽科教育」とのリンクで指導効果アップ
  ・音楽と共に「生きる力」を育てることができるバンド活動
  ・生徒と共に「人間力」を磨いていこう
  ・・・・・

3 バンド運営の中で、こんな点をちょっとふりかえってみましょう
  ・先生が、バンド指導の中で、生徒に一番伝えたいことは何だろう。
  ・生徒同士のコミュニケーション意識・コミュニケーション能力は、どのように育てていけばよい   だろう。
  ・「生徒主体」と「教師主導」のバランスが、生徒の実態に即したものになっているだろうか。
  ・「行動マナー」の指導が、「生きる力」の育成につながっているだろうか。
  ・・・・・
    (ここでは、先生方にも実践やお考えを話していただきながら進めました。)

4 合奏指導の効果を上げるための「環境づくり」
  ・音楽できる「空気」を生徒と共に作り出そう。
  ・「受容的態度」が溢れるチームの雰囲気は、ひとりひとりに自信をつける。
  ・練習のセッティングは本番と同じである必要は全くない。
  ・「歌うこと」「動くこと」が当たり前の雰囲気をつくろう。(心と身体が開かれたバンド)
  ・合唱を取り入れることの効果について
  ・・・・・

5 合奏指導の効果を上げるためのこんな「つぼ」
  ・「個人でやるべき基礎練習」を「基礎合奏」に持ち込まないで。
  ・「基礎合奏」での打楽器の役割
  ・「ハーモニーディレクター」のメトロノーム機能は、「プラスとマイナス」を理解して使おう。
  ・アクリルボードを使った「叩き合奏」のすすめ。
  ・・・・・・

6 指導者として伸びゆくために
  ・スクールバンドの指導者に必要なのは「良き教師」「良きトレーナー」「良き指揮者」の3つであ     ることです。
  ・日々の生活の中で「五感」を働かせ、たくさんたくさん感動しましょう。
  ・恥をかくことを恐れないで。「自分の恥」には、他人はたいして関心がないものです。
  ・職場での「立ち振る舞い」はバンド活動に返ってきます。良い職場人でありましょう。
   そして、「申し訳なさそうに」...でもやりたいことはしっかりやりましょう。
  ・吹奏楽を教えるのではなく、吹奏楽を通して「音楽」を教えましょう。
  ・「ひとりで何でもできてしまう先生」が必ずしも最高の指導者とは限りません。
    人様に頭を下げて助けていただく「不足感」がより豊かな人間関係を広げます。
  ・「おかげさま」と「お互い様」の心を大切に。
  ・・・・・


全体として、「教育としてのバンド活動」「人間的な営みとしてのバンド活動」という「価値づけの軸」を持って講習を進めさせていただきました。

時には、真剣に聞いていただき、時にはDVDをご覧いただき、時には身体を動かして...

IMG_9216_convert_20150201231241.jpg  IMG_9215_convert_20150201231216.jpg

IMG_9188_convert_20150201231023.jpg  IMG_9187_convert_20150201230948.jpg


先生方みなさんで、子どもたちのことを心から思い、語り合えた、ほのぼのとしたあったか~い時間になりました。

ありがとうございました。



                      
          IMG_9181_convert_20150201230816.jpg
          土曜日の懇親会です。 中学校の先生、高校の先生がお集まりくださいました。
          とても仲良しの先生方、身体も心も温まりました。

          
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-02(Mon)10:27 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-02(Mon)12:08 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-02(Mon)20:14 [編集]