田川伸一郎のブログ

東京都小学校管楽器演奏会~第一週~

昨日と本日の2日間、『第39回東京都小学校管楽器演奏会』に、講師としてお伺いさせていただきました。

この演奏会には、退縮後、5年間続けてお招きいただき、しかも、2週にわたって4日間開催されるそのすべての学校の演奏を聴かせていただいています。
それに加えて、3月に開かれる「月例会」にもお招きいただき、4日間を通してのアドバイスや課題などを、出演校のDVDを参照しながらお話しさせていただいています。
先生方の勉強、子どもたちの熱演にいつも立ち会わせていただき、感謝でいっぱいです。

この演奏会に出演するには、年間8回ある「月例研修会」のうち、5回参加することが条件となっており、先生のご事情によってその回数に満たない場合には、出演することができません。

しかし、この演奏会の運営には、そういった条件のため出演できない学校の先生もかかわっておられます。
そこがすごいことです。

長い教員生活の中には、先生ご自身やご家庭のご事情、校内のご事情を優先しなければならないこともあります。
また、「小管研」には入って勉強していても、学校にはバンドがないという先生もいらっしゃいます。

そういったタイミングであっても、また出演できる「いつの日か」のために、仲間として運営に協力されていらっしゃるのです。

まさに、「おたがいさま」「おかげさま」の心で活動されている「東京都小管研」です。


第一週の会場は、練馬文化センターでした。

IMG_0047_convert_20150214205823.jpg

2日間の講師の先生方です。

藤井むつ子先生 (洗足学園音楽大学・打楽器)
井上順平先生 (武蔵野音楽大学・トロンボーン)
石井孝明先生 (クラリネット奏者・バンド指導者) *14日のみ
波多江史朗先生 (カルテットスピリタス・東京音楽大学・サクソフォン) *15日のみ
井上文子先生 (打楽器) 
そして、私でした。



2日間に出場された学校のみなさんです。

♪14日
・台東区立台東育英小学校 (ステージドリル)
・目黒区立緑ヶ丘小学校 (金管バンド)
・新宿区立戸塚第一小学校 (吹奏楽)
・武蔵村山市立第一小学校 (吹奏楽)
・新宿区立市谷小学校 (金管バンド)
・青梅市立第三小学校 (金管バンド)
・北区立西浮間小学校 (金管バンド)
・北区立桐ヶ丘郷小学校 (吹奏楽)
・武蔵野市立桜野小学校 (吹奏楽)
・武蔵村山市立第二小学校 (吹奏楽)
・立川市立けやき台小学校 (吹奏楽)
・墨田区立両国小学校 (吹奏楽)
・江東区立辰巳小学校 (金管バンド)
・品川区立小中一貫校豊葉の杜学園 (金管バンド)
・台東区立金竜小学校 (金管バンド)
・大田区立小池小学校 (吹奏楽)
・狛江市立緑野小学校 (6年生全員による金管バンド)
・台東区立東泉小学校 (管弦楽)

♪15日
・練馬区立小竹小学校 (吹奏楽)
・練馬区立大泉第三小学校 (金管バンド)
・足立区立弘道小学校 (吹奏楽)
・小平市立小平第六小学校 (吹奏楽)
・文京区立林町小学校 (吹奏楽)
・鷹南学園三鷹市立東台小学校 (金管バンド)
・千代田区立九段小学校 (金管バンド)
・中央区立豊海小学校 (吹奏楽)
・渋谷区立神南小学校 (吹奏楽)
・小平市立学園東小学校 (吹奏楽)
・練馬区立開進第三小学校 (吹奏楽)
・目黒区立八雲小学校 (金管バンド)
・北区立滝野川第二小学校 (金管バンド)
・品川区立小中一貫校品川学園 (吹奏楽)
・北区立赤羽台西小学校 (吹奏楽)
・江戸川区立篠崎第三小学校 (金管バンド)
・文京区立窪町小学校 (吹奏楽)
・台東区立富士小学校 (ステージドリル)


IMG_0054_convert_20150214205900.jpg  IMG_0058_convert_20150214205917.jpg

IMG_0075_convert_20150214210038.jpg  IMG_0077_convert_20150214205952.jpg

IMG_0049_convert_20150214205841.jpg  IMG_0092_convert_20150215220546.jpg

IMG_0086_convert_20150215220505.jpg  IMG_0080_convert_20150215220412.jpg

IMG_0082_convert_20150215220444.jpg  IMG_0090_convert_20150215220522.jpg

それぞれの学校の実情は、皆、違います。
課外活動(部活動)でバリバリやっている学校から、週に2~3回の朝だけ活動しているバンド、6年生全員で音楽の授業や総合的学習の時間に練習しているバンドもあります。

人数も、20人程度のバンドから100人を超す管弦楽まで。
ビッグバンドスタイルのバンドやマーチングバンドスタイルのバンドもありました。

コンクールではありませんから、比較は全く必要ありません。

それぞれの学校の実情に合わせた「ふさわしい選曲」や「指導」がなされているか。
子どもたちが「音楽」しているか。
先生と子どもたちのコミュニケーションはどうか。
楽器配置は適切か。
・・・・
「今できる最善を尽くす」という観点からのアドバイスをさせていただきました。

「子どもたちの思いがこもった演奏が多く、心がなごみました」という講師の先生方の一致した感想は、東京都小学校管楽器研究会の先生方の「願い」に沿ったもので、私も、半分、「身内」のような気持ちで、とてもうれしく思いました。

今週末の土曜日・日曜日にも、第二週が開催されます。

今からとても楽しみです。

この2日間に出演された36校のみなさんのすばらしい演奏に心から拍手を贈ります。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-15(Sun)22:54 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-16(Mon)18:00 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-17(Tue)09:52 [編集]