田川伸一郎のブログ

東京都小学校管楽器演奏会~第二週~

この土曜・日曜は、「第39回東京都小学校管楽器演奏会」第二週に、講師としてお伺いさせていただきました。

昨年度は、大雪で開催中1日が「中止」、もう1日も雪で参加出来ない学校があった無念の年でした。
この演奏会の歴史上、「中止」は初めての出来事だったそうです。

今年は、4日間とも無事に開催でき、あたりまえのことではありながら、先生方の一番の喜びは「無事に全日開催できて良かったですねぇ」ということでした。
改めて、「行事が無事に出来る」ということのありがたみを感じた今年の演奏会でした。

第二週の会場は、武蔵野市民文化会館でした。
IMG_0305_convert_20150221220037.jpg

2日間の講師の先生方です。
南  浩之先生  (藝大フィルハーモニア・尚美学園大学・ホルン)
柳沼てる子先生 (元武蔵野音楽大学・打楽器) *21日のみ
関口 仁 先生  (昭和音楽大学・クラリネット) *21日のみ
後藤 洋 先生  (作・編曲家) *22日のみ
雲井 雅人 先生  (雲井雅人サックス四重奏団) *22日のみ
井上文子先生  (打楽器)
そして、私でした。



この2日間に出演された学校の皆さんです。

♪21日
・新宿区立鶴巻小学校 (金管バンド)
・青梅市立第四小学校 (金管バンド)
・昭島市立中神小学校 (吹奏楽)
・千代田区立番町小学校 (金管バンド)
・江東区立香取小学校 (吹奏楽)
・練馬区立大泉小学校 (金管バンド)
・武蔵野市立第三小学校 (吹奏楽)
・羽村市立羽村東小学校 (管弦楽)
・文京区立明化小学校 (吹奏楽)
・星美学園小学校 (吹奏楽)
・江東区立第二砂町小学校 (金管バンド)
・杉並区立松庵小学校 (吹奏楽)
・新宿区立落合第三小学校 (吹奏楽)
・羽村市立小作台小学校 (金管バンド)
・三鷹の森学園三鷹市立高山小学校 (吹奏楽)
・目黒区立駒場小学校 (金管バンド)
・武蔵野市立第四小学校 (吹奏楽)
・武蔵野市立大野田小学校 (吹奏楽)


♪22日
・中野区立武蔵台小学校 (吹奏楽)
・中野区立桃園小学校 (金管バンド+サックス)
・立川市立第二小学校 (吹奏楽)
・大田区立志茂田小学校 (金管バンド)
・多摩市立諏訪小学校 (吹奏楽)
・杉並区立荻窪小学校 (吹奏楽)
・杉並区立沓掛小学校 (吹奏楽)
・板橋区立板橋第四小学校 (金管バンド)
・豊島区立高南小学校 (吹奏楽)
・八王子市立清水小学校 (吹奏楽)
・国分寺市立第九小学校 (吹奏楽)
・杉並区立杉並第一小学校 (吹奏楽)
・立川市立新生小学校 (金管バンド)
・東三鷹学園三鷹市立第一小学校 (金管バンド+サックス)
・中野区立平和の森小学校 (吹奏楽)
・青梅市立今井小学校 (金管バンド)
・目黒区立東山小学校 (管弦楽)
・国分寺市立第十小学校 (吹奏楽)


IMG_0306_convert_20150221220055.jpg  IMG_0307_convert_20150221220111.jpg

IMG_0308_convert_20150221220128.jpg  IMG_0309_convert_20150221220146.jpg

IMG_0312_convert_20150221220221.jpg  IMG_0313_convert_20150222222930.jpg

IMG_0315_convert_20150222222956.jpg  IMG_0317_convert_20150222223014.jpg

IMG_0318_convert_20150222223034.jpg  IMG_0319_convert_20150222223054.jpg


一校一校の演奏を聴かせていただいていると、日々の練習の様子、先生と子どもたちの関わり具合、先生が育てたいもの、そして、悩み...様々なことが伝わってくるから不思議です。

演奏技術に関係なく、先生と子どもたちが、子どもたち同士が、しっかりと心をつないで演奏している学校の演奏には、心から感動します。
楽器や楽曲、そして音楽に対する「愛情」が伝わってくる演奏には、さらに感動します。

そんな演奏にたくさん巡り合えたことが幸せでした。
先生方のご指導のすばらしさと、子どもたちへの「愛の深さ」あってこその演奏です。


この機会に...ブログをご覧くださっている「全国の保護者の皆さん」に心からのお願いです。

子どもたちを一回のステージに上げるために、先生方は、保護者の皆さんが想像する以上にご苦労され、神経を使い、準備や引率をされています。
また、もちろん、日々の練習でも、体力を使い、心を砕き、誠心誠意ご指導されていらっしゃいます。

バンドの指導は、教員本来の「給料」には含まれない、全くの「ボランティア」です。
朝練習をしたからと言って、給料が増える訳でもなければ、早く帰れるわけでもありません。
つまり、「バンド指導などやりたくない」と言ってしまえば、誰からもとがめられることなく、給料が減らされることもなく、バンドの指導は辞められるのです。
そして、指導者がいなければ、当然のことながら、バンドは「解散」です。

「子どもたちのために」...先生方は、誠意だけで、授業外の「無料奉仕」でバンド指導をされています。
「無料」どころか、「自費」でCDや楽譜や資料を購入して、子どもたちの指導に使っていることもあります。
時には、ご自分のご事情やご自分のお子さんのことを後回しにしてでも、目の前の子どもたちのために努力されています。
そして、先生方は、見返りが欲しいなどとは思わず、「無償の愛」を注ぎ続けてくださっています。


保護者のみなさん、どうか...
「ありがとうございます」のお気持ちを、先生に伝えてあげてください。

「オギャー」と生まれたあの時の我が子が、楽器を持ってステージに上がり、お友達と一緒に演奏し、人様から拍手をいただけるまでに成長したのです。 いや、「成長させていただいた」のです。

たまたま通った学校にバンドがあったから、指導してくださる先生がいてくださったから、そして、「ステージに立たせてあげよう」という先生の「特別な誠意」があったから...お子さんはステージに立てたのです。
「あたりまえ」ではありません。

先生だって人間です。 正直、きつい時もあります。 
でも、投げ出さずに子どもたちに向き合ってくださっています。
子どもたちが喜ぶ顔、保護者の皆さんが喜んでくださる顔を見たいからです。

私も現職の頃、保護者の方がお手紙や連絡帳に書いてくださった「ありがとうございます」のお気持ちが、どれだけうれしく、どれだけ支えになったことか...

皆さんの大切なお子さんのために努力してきたことを、保護者の皆さんが喜んでくださった、感謝してくださった...先生方は、それだけで十分なのです。
たったそれだけでも、「子どもたちのためにさらに頑張ろう」と、愛と誠意を大きくふくらますことができるのです。


そして、思い切り「親バカ」になってください。
お子さんのことを、たくさんたくさんほめてあげてください。
「良くできたね。がんばったね。もっともっとがんばって、もっともっと上手になろうね。」と励ましてあげてください。

「〇〇小学校の方が上手かったよ」なんてことは、思ったとしても、心の中だけにしてください。
お子さんは、お父さんお母さん、家族に褒めてもらえるのが一番うれしいのですから。

そして、お子さんと、「先生のおかげだね。ありがたいね」と話し合いながら、「ありがとう」のお手紙を書いてください。
「明日、先生に渡してね。『ありがとう』の気持ちを書いたから。」と、一言添えて...

そういう親の姿を見て、子どもは、感謝すべき時に感謝し、きちんと感謝を伝えられる人間に育ちます。
もちろん、先生にも感謝して、先生のことがますます好きになります。

先生も、子どもも、親も...みんなが幸せになります。

保護者の皆さんのあったかい「ありがとう」のお気持ちが、様々な本番をなし終えた先生方の心に届きますように...



001_convert_20150222223549.jpg
子どもたちを、子どもたちの音楽を、そして、仲間を、どこまでも大切にされる「東京都小学校管楽器教育研究会」の先生方です。

どうかお身体に気をつけられ、これからもますますご精進ください。
愛する子どもたちのために...

今年度も、お招きいただきありがとうございました。

3月の例会で、講師の先生方からの総評をまとめ、先生方にお伝えしたいと思います。
来月、またお会いしましょう。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-23(Mon)14:07 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-23(Mon)19:26 [編集]