田川伸一郎のブログ

乗り越えて付けた自信

今日は、県内の小学校バンドの『お別れコンサート』に行って来ました。

20150226_153408_2_convert_20150226182337.jpg

このバンドとは、昨年の4月に初めて出会いました。
先生も転任されたばかりでした。


迎えてくれた部員は、わずか14人。
前任校で、80人ほどの子どもたちと吹奏楽部の活動をされていた先生にとって、この人数は「寂しい」と言わざるを得ない人数でした。

子どもたちは、とても真面目な雰囲気でしたが、新しい出会いに警戒しているのか、あまりにも静かで、問いかけにもあまり反応がないのが気になりました。
音を聴かせてもらいましたが、やはりどこか自信がなく、不安そうな音でした。

レッスン後、顧問の先生は、「田川先生、私、ここでやっていけるでしょうか...」
転任された先生の誰もが思うことではありますが、こちらの先生も、やはり不安を感じられたようでした。

「大丈夫です!一歩ずつ前に進みましょう。」

先生を励ましながらのお付き合いが始まりました。

先生からは、時にはうれしかった出来事、時には不安になった出来事...
様々なご報告をいただき、その度にアドバイスや励ましの言葉を送りました。

先生は、まず、子どもたちの気持ちをしっかりつかむために、たくさん話をされました。
正確に言うと、子どもたちの話をたくさん聞くようにされました。

そして、新入部員の募集も...
先生の音楽授業も良かったのでしょう。
25名ほどの入部希望者があり、14人から一気に40名のにぎやかなバンドなりました。

初心者が3分の2を占めている状態でしたが、思い切って部員全員でコンクールにも出場し、「銀賞」というすばらしい賞をいただきました。

夏を過ぎ、秋になる頃には、先生と子どもたちの信頼関係も深まり、チームの雰囲気も変わってきました。

真剣にやる時と、明るく振る舞っていい時とのメリハリもついてきました。
練習する曲も、「コラール」が加わったり、ジャズっぽい曲が加わったりと、多彩になってきました。

何より、子どもたちの表情が、大きく変わってきました。

新しい先生を受け入れ、素直についていくことで得た信頼関係、そして、自分自身の努力、様々なハードルを乗り越えていった自信...それが、子どもたちの表情を変えていったのだと思います。

保護者の皆さんの心あるご支援の力も大きかったです。

自ら乗り越えて付けた自信...これほど大きい力になるものはありません。

今日のコンサートでは、そんな子どもたちの表情と音、音楽...すべてがキラキラ輝いていました。

20150226_153648_1_convert_20150226182408.jpg

          20150226_153758_convert_20150226182438.jpg
          お客様も感動して聴き入っていました。 
          お父さんお母さんには涙を流していらっしゃる方も...


次々に演奏する子どもたちの思いは、お客様の心にしっかり届いていたと思います。
もちろん、私も、この成長ぶりに心から感動して、手が痛くなるほど大きな拍手をしました。
すばらしかった!

外は雨模様でしたが、体育館の中は一足早い春が来たようにポカポカしていました。

20150226_160839_6_convert_20150226182504.jpg
新しい顧問の先生としっかり心をつないで1年間を歩んで皆さん。
皆さんの「素直さ」のおかげで、先生との「信頼関係」が生まれ、ひとりひとりが大きな自信を持てるようになりましたね。
練習の仕方やルール...様々なことが新しくなり、とまどいもきっと多かったと思いますが、先生のやり方にしっかりついていった皆さんは偉かった!
演奏だけでなく、自分の思いを積極的に伝える、正しいと思ったことは勇気を出して行動に表わす、人の心の痛みがわかる...人間としても、とても大きく育ちました。

先生がいつも音楽と一緒に教え続けてくれたことは、皆さんの「一生の宝物」です。
ずっと大切にしていきましょう。


xui3WZl6yuTkaM51424942464_1424942499_convert_20150226182522.jpg
たった9人しかいなかった6年生...この部の中心となって、本当によく頑張りました。
演奏も、「人間力」も、大きく大きく育ち、どんなに褒めても褒め足りない位です。
自分の努力で、自分で乗り越えてつけた自信をこれからの中学校生活で生かしてくださいね。
そして、「ひとりでは生きていけない」...たくさんの人の支えがあって、今の自分がいるということも、金管バンドの活動を通して、よくわかりましたね。
いつも「感謝」を忘れない人でいてください。
1年間だけのお付き合いでしたが、君たちの素晴らしさはずっと忘れません。
君たちとの出会いに感謝します。




バンドにとって、顧問の先生が代わるというのは、「大事件」です。

先生にとっても、子どもたちにとっても、不安がないはずはありません。

大切なのは、お互いに「受け入れる気持ち」を持つことです。

それがあれば、きっとうまくいきます。

今日は、そんなことを改めて感じた日でした。

ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-26(Thu)19:39 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-28(Sat)18:29 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-28(Sat)19:22 [編集]