田川伸一郎のブログ

福島県の中学校バンド

先週の金曜から昨日まで、福島県にお伺いしてきました。
この地区には、今年度、3回目のお伺いでした。


今回は、中学校4校、高校1校からのお招きをいただきました。

中学校は、もちろん1・2年生だけで、来年度に向けて歩み始めている大切な時期です。
それぞれのバンドの実情に合わせた教材で勉強しました。
まだまだ技術的にも、精神的にも、不安材料が多い時期ではありますが、少しでも前に進む力と気持ちを高めてもらえるようにと願いながら、レッスンさせていただきました。

高校は、2年ぶりにお伺いする学校で、卒業間際の3年生も加えての定期演奏会に向けての練習の真っ最中。
しっかりと「大曲」の練習をしました。

先生方も、超ご多忙の中、寸暇を惜しんでご指導に当たられています。
どんな時期にも、「今」を大切に活動を牽引される誠実な先生方です。

お伺いした5校を中学校と高校の2つの記事でご紹介させていただきます。

中学校は、今年度、2~3回目のお伺いとなります。
1回目は、吹奏楽コンクール前の6月、2回目は、「合奏祭」や「こども音楽コンクール」前の10月、そして、3回目が今回でした。

季節の移り変わりと共に、チームも表情を変えていきます。
毎学期に一度ずつ、そんな変化を見せていただけることは、私にとっても貴重な勉強となります。
ありがたいお招きです。

この記事では、中学校4校を少しずつご紹介します。

IMG_0461_convert_20150228173725.jpg

5年目のお付き合いになる中学校です。
今年度は部員数が減り、さらに3年生が引退して、少ない人数で活動しています。
でも、モチベーションは落ちることなく、皆がとても積極的に参加していることがすばらしいです。
「ウェルカム演奏」で聴かせてくれた中島みゆきさんの『糸』がとても美しく温かく、私は演奏してくれている部員たちひとりひとりの前に立ち、目と目で心を込めてあいさつしました。
人数が少ないことで、譜面台も十分にあり、ひとり2本の譜面台を置いて、パート譜とスコアを両方見ながらの練習をしていました。
必要があれば、すぐにスコアを見て、欠けているパートを演奏して埋めます。
これからも、このバンドの良さを生かせる選曲やスタイルで、音楽を楽しんでほしいと思います。

IMG_0462_convert_20150228173743.jpg  IMG_0464_convert_20150228173837.jpg

IMG_0465_convert_20150228173855.jpg  IMG_0466_convert_20150228173934.jpg

IMG_0469_convert_20150228173951.jpg  IMG_0487_convert_20150228174029.jpg

IMG_0492_convert_20150228174048.jpg
人数は少なくなりましたが、皆の前向きな姿勢のおかげで、寂しさを感じさせませんでした。
そして、ひとりひとりの音のクオリティの高さが、人数以上の響きを生み出していました。
4月に、1年生がたくさん入りたくなるような雰囲気を作ることも大切です。
「自分だったら、どんな雰囲気の中に入っていきたいか」を考え、皆で作り上げていきましょう。
次にお会いする時、どんなチームになっているか、楽しみにしています!




IMG_0498_convert_20150228222808.jpg

このバンドとは、2年目のお付き合いとなります。
レッスンを見学にいらしていたこちらの顧問の先生からご依頼をいただき、お伺いが始まりました。
学区の小学校にもバンドがありますが、残念ながら、経験者の入部は多いとは言えません。
多くを占める初心者たちも、熱心な練習と先生のご指導により、大きく成長し、経験者と変わらないほどの技術を身に着けています。
圧倒的に「女子パワー」が強いバンドで、男子はクラリネットの1年生1名だけ。
その女子たちも、超明るく、さわやかで、じめじめした感じは全くありません。
真面目で素直なメンバーたちで、先生も笑顔満面。
いい雰囲気のバンドです。

IMG_0495_convert_20150228222449.jpg  IMG_0503_convert_20150228222828.jpg

IMG_0505_convert_20150228222904.jpg  IMG_0509_convert_20150228222920.jpg

IMG_0512_convert_20150228222937.jpg  IMG_0515_convert_20150228223006.jpg

IMG_0518_convert_20150228223027.jpg
ちょっとしたアドバイスで、演奏をぐんぐん変えていける「勘」の良いみなさん。
発問にも積極的に答え、皆の力で学びを深めていくこともできましたね。
身体を使って、マーチ演奏の基本をとらえる勉強も楽しくできましたね。
可笑しい時に、元気に笑い転げる明るさも自然で、大好きです。
これからも、明るく真面目に、そして、楽しく厳しく、皆で前進して行ってください。
貴重な1名の男子を大事にして、4月には「男子ゲット作戦」、がんばろうね!




IMG_0526_convert_20150301215522.jpg

2年目のお付き合いとなる中学校です。
昨年の今頃、初めてお伺いした時には、大雪で音楽室の窓から見えるのは雪のみで、周りの景色もよくわからないほどでした。
お迎えに出てくれた生徒さんと、そんな話をしながら音楽室へ向かいました。
比較的小さな学校の吹奏楽部ですが、熱心な先生の働きかけで、今は1、2年生20数名で活動出来ています。
私流のレッスンにもだんだん慣れて来て、様々な発問にも、とてもよく答えられるようになりました。
自分の考えを言葉にして発表できるのは、とても良いことですし、どんな意見を言っても大丈夫というチームの安心感も必要です。
そんな良い雰囲気をつくってきた先生とメンバーです。
皆の意見を吸い上げながら、表現力を高める練習が出来ました。

IMG_0523_convert_20150301215429.jpg  IMG_0525_convert_20150301215500.jpg

IMG_0527_convert_20150301215544.jpg  IMG_0535_convert_20150301215643.jpg

IMG_0533_convert_20150301215622.jpg  IMG_0528_convert_20150301215604.jpg

IMG_0536_convert_20150301215702.jpg
今日の目標は、「田川先生の質問に積極的に答えること」だったそうですね。
その目標のとおり、何と全員が発言できましたね。
今回のレッスンでは、「技術的に向上するための練習」「表現を練り上げるために必要な練習」、そして、「個人の課題や挑戦を皆で共有する」という大切な勉強をしましたね。
ごく基本的な楽器の構え、息の準備、タンギングと息の関係を整えることで、音も表現も大きく変容しました。
「フレーズを美しく歌う」ことは、音符ひとつひとつに化粧をすることではないということも分かりましたし、練習方法も分かりましたね。
これからも、「自分を出せるよい雰囲気」を大切に、ますます向上していってくださいね。




IMG_0537_convert_20150301220353.jpg

4年目のお付き合いとなる中学校です。
この学校の生徒さんたちは、レッスンの前や後に、このブログのコメントやメール欄からメッセージをくれることが多く、お返事はしないまでも、皆の意気込みや感謝が伝わって来て、とてもうれしいです。
そして、笑顔が絶えず、反応も良く、練習の雰囲気が生き生きとしています。
初めてレッスンに伺った頃は、「田川流」に慣れず、意見の発表や身体を使っての練習にとまどいを感じていましたが、次第に慣れ、今では、発表も、身体の表現も、歌うことも、ごく普通の練習方法になりました。
半数以上が1年生という実情ですが、そうは思えないほどしっかりした音と反応、表現でレッスンに応じていました。

IMG_0540_convert_20150301220414.jpg  IMG_0544_convert_20150301220436.jpg

IMG_0548_convert_20150301220455.jpg  IMG_0554_convert_20150301220513.jpg

IMG_0555_convert_20150301220536.jpg  IMG_0570_convert_20150301220555.jpg

IMG_0588_convert_20150301220618.jpg
皆の明るさ、元気、気合い、向かう意欲...今回も、皆で夢中になって練習し、とても良い表現にたどりついて行きましたね。
いつも笑顔があり、少しの冗談でも、皆で大笑いし、その後、すぐに静まって真剣になるメリハリが、とてもいいです。
音楽にも、そんなメリハリが表れていますね。
表情豊かな音楽は、日常生活での様々な感受や自己表現から生まれます。
皆の練習風景を見ていると、日々の豊かな生活体験が目に浮かぶようです。
優しく厳しい顧問の先生のご指導で、音楽面も人間性も豊かに育っていることに感謝しましょう。
何人もが、色紙を持ってサインを求めてくれたのには驚きましたよ。ちょっぴり「スター気分」?(笑)
次のレッスンの時にも、気合い十分に準備てくださいね。



               IMG_0460_convert_20150228173700.jpg
               豪華な「歓迎ボード」をありがとう!(某中学校にて)


練習時間が短く、先生方も特に忙しいこの時期に、「基礎をやっとけ」で済ませず、実態に合った曲をしっかりと曲の練習をし、先生ご自身も曲の研究や指揮の勉強を続け、しかも、レッスンを入れて質を高めるという取り組みをされていらっしゃることがすばらしいと思いました。

生徒さんたちも、寒さに負けず、猛烈に努力していました。
そして、音楽を楽しんでいました。

吹奏楽に「オフ・シーズン」なんてありません。
コンクールを中心に考えるから、「オフ・シーズン」なんて言葉を使う先生が現れてしまうのですね。

一年中が「勉強真っ最中」です。
絶対に...


*次の記事では、久しぶりに伺った高校バンドをご紹介します。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-03-02(Mon)21:14 [編集]