田川伸一郎のブログ

阪神淡路大震災22年目の祈り

昨夜は休むのが遅くなってしまったのに、今朝はなぜか5時過ぎに目が覚めてしまいました。

22年前の朝も、同じでした。
5時46分、大きな揺れにびっくりして目が覚めました。

「明日は1月17日、阪神淡路大震災の日」...と思いながら休んだせいか、あの朝の怖さがよみがえったのかもしれません。
テレビで見た阪神地区の惨状は今でも忘れません。

そして、その直前の11月に、大柏小学校の子どもたちと、尼崎市で開催された「全日本小学校バンドフェスティバル」に出場し、神戸に宿泊したことも、寸分の違いであの子たちと共に被災していたかもしれない。引率していた子どもたちの命が奪われたかもしれない。もちろん、私も...と衝撃的に記憶された日でした。

それ以来、「引率中に何かあったら...」という考え方が強く強く深まり、「安全に帰って来られること」を、それまで以上に真剣に、神経質に考えるようになりました。

6434人が犠牲となった大震災でしたが、22年経ち、神戸市の人口の半分以上が震災を経験していない人です。
また、被災者の高齢化は進み、兵庫県内の災害復興公営住宅に住む65歳以上のお年寄りの割合(高齢化率)は2016年11月現在で52.2%と過去最高を更新し、孤立を防ぐ対策が急務になっています。
見た目は、震災の傷跡など、全く残っていない阪神地区ですが、家族や友人を失った方々、孤独と闘いながら復興住宅などで高齢生活を続ける方々の「心の傷跡」...見えない「傷跡」は残ったままです。

今朝は、慰霊式が様々な形でおこなわれていましたが、震災を経験した方々、当時を知っている私たちが「伝え続けること」が大切です。

自然災害に限らず、戦争も、多くの方々が巻き添えになった事故や事件も...終わりはありません。

改めて、阪神淡路大震災で亡くなられた方々、残されたご家族の方々に、心からの祈りを捧げます。


IMG_0001_convert_20170117072846.jpg
石積みで「生」の文字をかたどったオブジェの前で黙とうする人たち。
(昨夜、兵庫県宝塚市で)


                 xP4chqx6fgYvkyS1484610509_1484610527.jpg
                 神戸・三宮の東遊園地には竹灯籠にともされた火で
                 「1995 光 1・17」の文字が描かれました。
                 (17日午前5時46分)



神戸での「1・17のつどい」での、遺族代表・大鳥居慎司さん(58)の言葉です。

・・・・・
阪神・淡路大震災から22年。これだけたつと歴史の世界になってしまいますが、私には歴史で済ますことはできません。

早朝、激しい揺れで目を覚まし、家がつぶれました。妻に「火が出なければ助けが来る」と声を掛けると、「そんな」と言ったきり、うめき声も次第に聞こえなくなっていきました。私と長男、長女が助け出され、4時間後に妻が掘り出されたときには脈がありませんでした。

運んだ病院で医師から「だめです」の一言。最後の望みも断たれました。妻に「2人の子どものところに行くからね」と声を掛けて病院を後にしました。避難先の魚崎小学校で、長男から「ママは天国からいつ帰ってくるの」と聞かれ、答えられずに泣きだしました。
「妻は永遠に帰ってこないんだ。でも自分には2人の子どもがいる」と考え、このときから子どもを育てようという目標が明確になりました。

小学校でPTAなどの役員をし、ほかの母親と話すと、子育ての悩みを夫は聞いてくれないなど苦労は男も女も同じと分かりました。誰かに助けてもらおうと、気負いを捨てると気が楽になりました。子育てという目標があったからこそ、悲しみを乗り越えられた気がします。

10年ほど前から妻が生きている夢を見なくなりました。ようやく現実を受け入れたということでしょうか。でも寂しいです。夢の中でも妻に話を聞いてもらいたい。仕事も子育てもこれからのときに突然命を奪われた妻の話も聞いてあげたい。今はスーパーで総菜を買ってくるような生活です。写真の妻はただほほ笑んでいるだけですが、きっと怒っているかあきれているでしょう。会えなくても妻は天国から私たちを見守って、時には怒ってくれる家族の一員です。


PageTop

久しぶりのTBC

昨日は、去年の4月の演奏会以来、ずっとお休みしていた「東京ブラスコンコード(TBC)」の練習に行って来ました。

TBCの練習は、日曜日の午前中です。
私は、日曜日は毎週仕事が入っているので、「休団」とさせていただいています。

入団して、もう17年目です。

このバンドで、故・井上謹次先生、そして、今もお元気な奥様の文子先生からどれだけ多くの深い音楽を教えていただいたかわかりません。
先生方だけではありません。
このバンドのメンバーからも、私が学ばせていただきました。

このバンドに入った時に、先生方とメンバーの皆さんに、「私は仕事は教員ですが、ここに来たら、ただの下手くそな打楽器奏者なのですから、『田川先生』ではなく『田川さん』と呼んでください。」と、お願いしたのですが、井上先生方が「そんなこと出来ませんよねぇ」と「田川先生」とおっしゃるので、団員の方々も「田川先生」と呼んでくださり、教員を退職した今も「田川先生」と呼んでいただいています。
私が、フリーになってから入団されたメンバーは、なぜこの下手くそなオジサンが「先生」なのだろうと、疑問に思われているかもしれません。

毎年、4月の大きな演奏会の前だけ練習に参加させていただき、本番に乗せていただいています。
こんな勝手なことを続けていいのだろうかと恐縮していますが、メンバーの皆さんは、いつも温かく受け入れてくださっています。

昨日も、団長さんから、練習のスタートに「今日から田川先生が復帰してくださっています」と皆さんにお話ししてくださったら、皆さん、「ありがとうございます~!」と喜びの大拍手をくださいました。
本当に温かい方々です。

今年の演奏会は、4月16日(日)14時から、上野学園石橋メモリアルホールで開催されます。

「復帰」と言っても、どうしてもお伺いしなければならない日曜日の仕事も多く、練習に参加出来る回数は限られてしまいますが、参加出来る日には、気合いを入れて練習に出かけたいと思います。

がんばります!


IMG_0003_convert_20170108233210.jpg
                 IMG_0002_convert_20170108233147.jpg


関東近辺の皆様、ぜひご自身のお手帳の4月16日に「TBC演奏会」とお書きください m( __)m
心からご来場、お待ち申し上げます。


PageTop

ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団・ニューイヤーコンサート

昨日は、サントリーホールでおこなわれた「ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団」のニューイヤーコンサートに行って来ました。

IMG_0001_convert_20170103222720.jpg
                   IMG_0002_convert_20170103222742.jpg

「ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団」は、「ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」と並び、世界最高のウィンナワルツ、ポルカを聴かせてくれる楽団です。
この楽団による日本での「ニューイヤーコンサート」は、今回で25回目となります。

個人的に、ウィンナワルツやポルカのような聴きやすい音楽が大好きなので、お正月はテレビでもホールでも、とても楽しいひとときを過ごすことが出来ます。

フォルクスオーパーの「ニューイヤーコンサート」では、ウィンナワルツやポルカの演奏だけでなく、オペレッタの中のアリアの歌が加わったり、バレエが加わったりと、聴きどころ見どころも満載です。

5e45KThsmy1bDpy1483450348_1483450411.jpg
プログラムの写真です。

演奏曲目です。

V3LOhB28pLqTiPI1483449474_1483449597.jpg
jCgPItBQIxXekZW1483449893_1483449924.jpg

今回の指揮者は、オーラ・ルードナー氏。 元、この楽団のコンサートマスターを務められていたヴァイオリニストでもあります。
オペレッタ『天国と地獄』序曲の途中のヴァイオリンソロとそれに続くワルツは、指揮台の上で、指揮棒をヴァイオリンに持ち替え、演奏しながら楽団をリードしていました。
団員との息もぴったり! さすが、元・コンサートマスターだけあります。

ソプラノのシピーウェ・マッケンジーさん、テノールのミロスラフ・ドヴォルスキーさんの歌も素敵でした。
特に、ドヴォルスキーさんが歌ったオペレッタ『微笑みの国』から「私の心のすべては君のもの」は、吹奏楽アレンジでも使われている美しい旋律で、原曲の歌は情熱的で感動的でした。

『エジプト行進曲』では、途中、楽団員の歌で「ラララ・・・」と旋律が奏され、指揮のルードナーさんが客席に振り返って、「皆さんも!」と。
この曲は、よく団員が歌う曲ではありますが、「皆さんも!」にはびっくり。 私は、ちっちゃな声で歌いました。

アンコールで演奏された『メリー・ウィドウ』の有名な「愛のワルツ『ときめく心に唇は黙し』」では、またルードナーさんがヴァイオリンを持って、あの甘美な前奏を弾き始め、チェロとの美しいアンサンブル、そして、合奏へ...
ずっとヴァイオリンで演奏しながら、楽団を指揮していました。
ワルツの旋律は、マッケンジーさんとドヴォルスキーさんのデュエットで...本当に美しく、うっとりしました。

ラストは、もちろん、スネアドラムの導入に続いて『ラデツキー行進曲』です。
指揮者に合わせて、会場中が手拍子です。 ただの手拍子ではなく、強弱を付けたり、止めさせたり叩かせたり...
この演出は指揮者によって違うので、どう来るかも楽しみです。

終曲と共に「パーン!」とすごい音を立てて、赤・銀のテープがホールの空間を舞います。

こんな楽しい音楽の数々を聴き、「パーン!」とやられるだけでも、「今年は何かいいことがあるかも」とウキウキした気持ちになります。
本当にいいことがあってほしいです。

帰宅後、夜は、NHKホールからの生中継で「ニューイヤー・オペラコンサート」を観ました。
親しみを持ってもらおうとしているのでしょうが、何となく「紅白歌合戦」の延長線上のコンサートという感じの司会進行の仕方で、歌は素晴らしかったのですが、気持ちが入り込めませんでした。
元旦の「ウィーンフィル」と、昼間の「フォルクスオーパー」の感動で、お腹いっぱいだったのかもしれません。

たくさんの名曲に触れた三が日でした。

ありがとうございました。

PageTop

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート

昨晩は、NHK・Eテレで生中継放映された「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・ニューイヤーコンサート」を楽しみました。
会場は、毎年恒例のオーストリア・ウィーン楽友協会大ホールです。


IMG_0001_convert_20170101215847.jpg

IMG_0007_convert_20170101215915.jpg


創立175年を迎えるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と、このコンサート史上最年少登壇するベネズエラの指揮者グスターボ・ドゥダメルが奏でる珠玉の名曲の数々...

IMG_0018_convert_20170101220054.jpg
指揮者のグスターボ・ドゥダメルです。
35歳という若さでニューイヤーの指揮者に選ばれるとは!


全曲、暗譜で指揮をしていました。 一応楽譜を置いておくということも無しで。
ニューイヤーコンサートならではの「初振りの曲」も多かったはずなのに...

若さ溢れるエネルギッシュな指揮、自らがこのステージを楽しんでいる姿、曲の中での軽やかな戯れ、プレイヤーとのアイコンタクトや積極的なコミュニケーションが、演奏を生き生きとさせていました。

「巨匠」と呼ばれる指揮者もいいけれど、若い指揮者によるニューイヤーコンサートもいいもんだなぁと思いました。


演奏された曲目です。

♪「ネヒレディル行進曲」  フランツ・レハール作曲
♪ワルツ「スケートをする人々」  エミール・ワルトトイフェル作曲
♪ポルカ「帝都はひとつ ウィーンはひとつ」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪ポルカ・シュネル「冬の楽しみ」  ヨーゼフ・シュトラウス作曲
♪ワルツ「メフィストの地獄の叫び」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪ポルカ・シュネル「別に怖くはありませんわ」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪喜歌劇「スペードの女王」序曲  フランツ・フォン・スッペ作曲
♪ワルツ「いらっしゃいませ」  カール・ミヒャエル・ツィーラー作曲
♪歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」から「月の出」  オットー・ニコライ作曲
♪「ペピータ・ポルカ」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪「ロトゥンデ・カドリーユ」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪ワルツ「奇抜」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪ポルカ・シュネル「インド人のギャロップ」  ヨハン・シュトラウス(父)作曲
♪ポルカ・マズルカ「ナスヴァルトの娘」  ヨーゼフ・シュトラウス作曲
♪ポルカ・シュネル「さあ踊ろう!」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪ワルツ「千一夜物語」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪ポルカ・シュネル「チック・タック」  ヨハン・シュトラウス作曲
♪ワルツ「美しく青きドナウ」 ヨハン・シュトラウス作曲
♪「ラデツキー行進曲」 ヨハン・シュトラウス作曲(父)


ちなみに、「ポルカ・シュネル」とは、「速い(Schnell)ポルカ」という意味です。
通常、ポルカは2拍子ですが、「ポルカ・マズルカ」は3拍子です。


理屈抜きに楽しめる「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」

字幕で、それぞれの曲の簡単な解説がなされるのも鑑賞をわかりやすく、楽しくしてくれます。

また、時には、曲にちなんだ風景やバレエが映されるのもいいものです。

IMG_0009_convert_20170101215944.jpg  IMG_0012_convert_20170101220009.jpg


「ウィンザーの陽気な女房たち」から「月の出」という曲は、「序曲」の冒頭の静かな部分で奏される歌劇中の曲ですが、合唱も加わり、とても美しい響きを醸し出していました。
「序曲」しか聴いたことがなかったので、しみじみ感動しました。

IMG_0013_convert_20170101220034.jpg


山梨大学の学生さんからいただいたワインを味わいながらの2時間半は格別でした。

「山梨大学のワイン」です。
http://schoolbandsupporter.blog24.fc2.com/blog-entry-1351.html


来年の指揮者は、リッカルド・ムーティ―さんだそうです。
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団とはつながりも深い巨匠です。

来年の「ニューイヤーコンサート」も楽しみです。


「吹奏楽」に熱中している中学生、高校生の皆さんも、是非この「ウィーンフィルハーモニー・ニューイヤーコンサート」を聴いて、心踊らせてくれたら...と、いつも思います。

きっと音楽の楽しみ方が変わると思います。

顧問の先生から「冬休みの宿題」にしてみてはいかがでしょうか。
ということは、顧問の先生がまず聴いてくださらないと...
顧問の先生も「興味無し」だったら、ちょっと残念です。

吹奏楽部でも、年に一曲位は、このコンサートで演奏されるような楽しく美しいポルカやワルツを演奏してほしいです。
大きな定期演奏会をしている学校でも、全くと言っていいほど取り上げられていません。

理解不能な「難曲」を必死に演奏するより、もっと大切な勉強が出来ると思うのですが...。

皆さんのバンドでも、今年はぜひ一曲!

PageTop

謹賀新年

5bjVV7ykhji9t2P1483146308_1483146330.jpg

みなさまの1年が、安らぎと輝きに満ちたものであることをお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                        2017年 元旦

                     スクールバンドサポーター  田川伸一郎

PageTop