田川伸一郎のブログ

一枚の葉書

新学期もスタートし、学校には新しい風が吹いているこの頃です。

この時期、レッスンは少なめですが、学校にお伺いすると、忙しそうに走り回る先生方の姿、緊張した面持ちの新任の先生の姿...
あぁそうだったと思い出す光景に出会います。

そして、ご退職された先生から、「退職のごあいさつ」のお葉書が届き、感慨にふける瞬間も...

今日届いた1枚の「退職のごあいさつ」の葉書...犢橋小学校に私と一緒に赴任した事務職員のSさんからでした。
その年、5月採用の新卒の先生は2名いましたが、4月1日採用の職員は、私と彼だけでした。

Sさんは、高校卒での採用でした。
私よりも4歳年下でしたが、とてもしっかりしていて、驚くことばかりでした。

教員と事務職は、仕事の内容は全く違いますが、新任同士、「どう?慣れましたか?」と声をかけ合い、たまに帰りに一緒にご飯を食べたり、彼の家に遊びに行ったりしたこともありました。

彼は、身体に障害をお持ちでしたが、そんなことは気にせず、明るくハキハキ話し、笑顔の素敵な青年でした。

事務室は、学校の顔。 お客様や保護者にも明るく対応し、「若いのにテキパキして、すばらしい」と、好評の声も耳にしました。
彼より4歳も年上だった私なのに、彼にはずいぶん助けられ、教えられました。

そんな彼からの「退職」のお葉書...犢橋小学校から転勤した後は、お互いに連絡を取ることもありませんでした。
私が退職して、今、我孫子に住んでいることもご存じないはずです。

心当たりは...葉書に書いてあった彼の最後の勤務校に、私は数年前にレッスンに伺ったことがあるのです。
もしかしたら、当時、その学校にお勤めだったのかもしれません。
校長先生や音楽の先生にお渡しした名刺を目にしていたのかもしれません。

定年まで何年も残して退職されました。
「高齢の両親の面倒を見ながら、しばらくは家事に勤しみたいと考えています」と書かれていました。
「介護」が一番の理由かどうかはわかりませんが、それも大きな理由のひとつのようです。

Sさんからの1枚のお葉書を読んでいるうちに、なぜか涙がポロポロ出てきました。
ずっとご無沙汰していた私のことを覚えていてくださった。
そんな私にお葉書をくださった。
ありがたくて、ありがたくて...

桜満開だった犢橋小学校の校庭や、緊張して毎日を過ごしていたあの頃...「同期生」として励まし合っていたSさんのことが、昨日出会ったように鮮明に思い出されました。

お互い、道は違っても、その後も精一杯仕事に尽くしました。

何年も残して早期退職された裏には、きっと様々な思いや決心があったことと思います。

早速、お手紙を出したいと思います。
そして、出来ることなら、お会いしに行きたいと思います。

私にとって、大切な「同期」の仲間ですから。

まずは、Sさん、ゆっくり休んで、お疲れを癒してください。
そして、ご両親のためにも、どうかお元気でお過ごしください。


                   image.jpg

PageTop

20年の時を越えて

こんなブログコメントを頂戴しました。

はじめまして。
私は平成9年小学5年生の時に寿北小のクラリネットパートに所属していた〇〇と申します。
何年も前の記事ですのでコメント読んで頂けているか分かりませんが偶然この記事を見つけ涙が出る思いで、どうしてもお礼をお伝えしたくコメントしました。

田川先生がいらっしゃった当時のこと、鮮明に覚えております。
ワルツのパート練習を見ていただいたことも覚えております。
当時はいつも怒られていたので私は自分はクラリネットが下手なんだとずっと思っておりました。
それでもクラリネットが、吹奏楽が大好きで大好きで、音楽をやめてしまった今でも平成8年、9年2年連続で全国大会に行けたことが奇跡のような時間であったことを思います。

私がコメントをさせて頂こうと思ったのは、坂下先生が悲痛な悩みを抱えてらっしゃる時期もあったと書かれていた部分を読んだからです。

実は今教育に携わっているのですが(音楽ではありません)、自分が正しいと思うこと、信念を貫くことがどれほど苦しく辛いことかを実感しています。
また子供に結果が出ることでしか保護者や、周りを納得させられないことは承知の上ですが、結果が出ても言われも無いことを陰で言われたりすることも多々あります。

私は当時坂下先生に教えて貰っていたことでずっと心に残っていることがあります。
それは、 【「今」という「時」を大切に】 【「今」という「時」は2度と戻らない】ということです。
当時コンクールに向けて練習する中で「今はわからないかもしれないけど、このメンバーで演奏出来ることは2度とないんだよ。大人になってこのメンバーで集まりたいと思っても叶わないんだ。だから今このメンバーで演奏できることを大事にして、一つ一つ大事に吹きなさい」と、言われていました。

大人になり今子供達に同じことを伝えております。
音楽にはもう携わっておりませんが、田川先生のこのブログを読み、当時坂下先生が伝えようとしてくれていたこと、想い、葛藤などが今になりわかることもあり、感動と感謝の思いが溢れてきました。

一緒に吹いていた先輩でプロになった方、まだ楽器を続けている友達もいますしその方達からすると私は音楽を語れるほどの知識も技術もありません。
ですが、全国大会に行ったこと、厳しい練習を乗り越えたことは私のかけがえのない宝物となっています。

久しぶりに当時の音源を聴き、また私も頑張ろうと思えました。
田川先生はたくさんの全国の素晴らしい生徒さん方にお会いしていると思うので私がコメントを差し上げるのも恥ずかしいのですが、当時のことを書いていただき、評価をして頂いたことがとても嬉しかったです。

長文でまとまらない文章でしたが、読んで頂けていましたら幸いです。
お忙しい毎日だと思いますが、ご自愛ください。
田川先生のご健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。



このコメントをくださったのは、鹿児島県鹿屋市立寿北小学校吹奏楽部で20年前にクラリネットを吹いていた部員の方です。

目を留めてくださったのは、下記のブログ記事でした。

ブログ記事「坂下伸一郎先生」
http://schoolbandsupporter.blog24.fc2.com/blog-entry-707.html


坂下伸一郎先生は、私が心から尊敬している先生です。
鹿児島県で小学校の先生をされています。

鹿屋市立寿北小学校、名瀬市立小宿小学校、霧島市立国分小学校、鹿児島市立吉野東小学校...転勤される先々で素晴らしいバンド指導、そして、人間教育をされて来ていらっしゃる先生です。

上述のブログ記事のとおり、平成9年度の「全日本小学校バンドフェスティバル」での寿北小学校の演奏に衝撃を受けた私は、はるか寿北小学校まで練習見学に行かせていただいたのです。
私が大柏小学校に在職中の時でした。

その時、クラリネットを吹いていたひとりが、コメントをくださった〇〇さんです。

今、教育に関わるお仕事をされ、当時の坂下先生のお気持ちが心から理解できるということ、そして、坂下先生からいただいた「大切なこと」を、今、子どもたちに伝えているということ...
とてもとてもうれしいです。

そして、たった1日、千葉から見学に伺わせていただいた私のことを覚えていてくださったこと...20年の時を越えて、こんな心のつながりが得られたことに感謝いたします。


現代の教育環境の中で、本当に正しいことを伝え続けるのは、相当なエネルギーと忍耐、時には屈辱を伴う仕事かもしれません。

でも、ご自身が信じて来られた「軸」を大切に、ぜひこれからも、勇気を持って、伝え続けてほしいと思います。

〇〇さんだけでなく、全国の先生方も...

                       どうか負けないで...

PageTop

『ザ・男子会』 in 東京

一昨日の土曜日の夜、東京都の若手ホープ(?)の男性の先生方3人からのお誘いで、『ザ・男子会』にお招きいただきました。

私は、埼玉県で2校お伺いした後でした。 
先生方はそれぞれの土曜日を過ごした後、新宿駅南口で待ち合わせてとっても美味しいイタリアンのお店へ。

3人は、東京都の小学校の音楽専科教諭としてご活躍中です。

小管研にも入っておられ、おひとりは先日の東京都小学校管楽器演奏会にも出演され、すばらしい演奏を聴かせてくださいました。

東京都の研修会でもお話しすることはあるのですが、「田川先生と、もっとゆっくり、たっぷりお話しさせていただきたいんです~」とのことで、この会となりました。

授業のこと、管楽器活動のこと、子どもたちのこと、自分自身のこと、私の教員時代のこと、これからやりたいこと、職場のこと、今の悩み、これからの生き方について...
うれしいことも、しんどいことも、話題は尽きることがありませんでした。

私を含めて4人なので、誰かが話を独占することもなく、皆が話し、皆が聞き、うなずき合い...

私の現役時代の「特別な苦労話」や「どうやって勉強していたか」ということには、特に神妙に、真剣に聞き入ってくださいました。

「女子会」をやっている先生方の話はよく耳にしますが、どちらかというと女性教諭が多い小学校で、こういうやる気に満ちた男性の音楽専科の先生方が「男子会」を開いて心をつなぎ合うのもいいもんだなぁと思いました。


現職の頃、男性職員だけの飲み会を『野郎会』と称してやっていた職場もありましたが、単なる「ドンチャン騒ぎ」でした。
だいたいは、誰か威張っている先生の「自慢話」や「不満話」を聞いている感じで、私はどちらかと言うと「聞き役」。 
「用事があって参加出来ません」なんて言うと、あとでこわいかなと思って、嫌々出席していたこともありました。

この3人の先生方はどう考えても「野郎会」ではなく、もっと上品でおだやかな「男子会」です。
いつまでも食べて、話して、聞いていたいような、とても居心地の良いひとときでした。

「この次は、〇〇先生も誘おうか!」と、もう次回の『ザ・男子会』の計画まで。


明日の火曜日は、都小管研の3月例会。 私が講師です。

「この『男子会』のこと、月曜日にブログアップしたら、ご覧になった女性の先生たちから、『ずる~い!』って言われるかもですね」と話すと、「言われてもいいですよ~! 『いいでしょ~!』って言いますから」と・・・(笑)

なごやかで仲良しの都小管研の先生方ですから全く心配ありません!(笑・笑)


3人の先生方のますますのご活躍を心から期待しています。

そして、次回の『男子会』も楽しみにしていますね!

お誘いいただき、ありがとうございました。

IMG_0001_convert_20170312213305.jpg


PageTop

心つなぐ1ページ

先日、こんなうれしいブログコメントを頂戴いたしました。

田川伸一郎先生のブログで、昭和小学校金管バンドを感動した学校にあげていただき、保護者含め金管バンド一同大変嬉しく思っております。
今年も全国大会まであと一歩のところで出場を逃し、涙していたところにこの大会へ参加させていただくことになり6年生の引退も延び、聴いてくださる方々へ感謝の気持ちをと、一生懸命演奏した結果、こうして先生から素晴らしい講評をいただき、大変幸せな思いでおります。
指揮者の徳武先生の指導のもと、一音一音の微妙な調整まで突き詰めて練習し、大切に吹き育ててきた「秋風の旅人」を、素晴らしい会場で吹く事ができ子供たちも幸せでした。
こうして名前をだしていただきありがとうございました。

昭和小学校金管バンドの保護者より



2月11日にミューザ川崎で開催された「全国小学校管楽器合奏フェスティバル・東日本大会」を聴きに行った感想を記したブログの1ページ。
私は、特に感動した学校のひとつ、長野市立昭和小学校金管バンドのことを書かせていただきました。

失礼ながら、「昭和小学校」の校名も、徳武みすず先生のお名前も存じ上げず、もちろんお付き合いもなく、初めて聴かせていただいた演奏でした。
日本中にあるすばらしいスクールバンドやご指導されているお力ある先生方について、まだまだアンテナの低い自分を反省するほど、昭和小学校金管バンドと出会えたことは、私にとって大切で素敵な出来事でした。

逆に、私の名前や存在など知るはずもない昭和小学校の保護者の方々やお子さん方が、私の小さなブログに目を留めてくださり、こんなご丁寧なコメントまでお送りくださったことに、驚き、感動し、感謝する次第です。

1ページのブログが、こうして心をつなぎ、温かい気持ちを伝え合えることをうれしく思います。

コメントをくださった昭和小学校の保護者の方、ありがとうございました。

これからも、昭和小学校金管バンドが、徳武先生はじめ先生方の御指導でますます成長していきますよう、心からお祈りいたしております。
そして、またいつか皆さんの演奏を聴ける日が来ることを願っています。

がんばれ! 長野市立昭和小学校金管バンド!

PageTop

支えていただいた心

犢橋小学校時代のファンです。

ブログ、楽しく拝見致しました。
今でも大変なご活躍をされていらっしゃるとのこと、
とても嬉しくて懐かしくて、思わずメールしてしまいました。

田川先生が犢橋小学校に赴任されていた30数年前、娘が犢橋小学校に通っておりました。
娘は合奏部には入部していなかったのですが、田川先生と合奏部の活躍は当時とても素晴らしく、演奏に感動した私は、至るところに聴きに出かけておりました。
まるで追っかけのように(笑)
今でもあの頃の演奏は、脳裏に焼き付いているように思います。

幸町の小学校に異動されて、そちらで日本一を受賞された際も、思わずお祝いに花束をお贈りしてしまいました。
それ程、田川先生と子供達が生み出す演奏に魅了されていたのだと思います。

その後のご活躍も今回、ネットやブログで知りました。
本当に素晴らしいですね。
また機会があれば、田川先生の作り出す演奏を聴きたいなと思っております。
どうぞお身体には気を付けて、素敵な音楽を届け続けて下さい。



昨日、ブログを通していただいたメールです。
お名前も書いてあり、すぐに、「あっ、あの子のお母さんだ」と思い出しました。

合奏部には入っていませんでしたが、リコーダーがとても上手な女の子でした。
何度か、「合奏部に入らない?」と声をかけましたが、彼女はやりたいことがたくさんある女の子で、見事にフラれてしまいました。
でも、音楽の授業の時には、いつも楽しそうに歌ったり演奏したりしていました。


新卒でお世話になった犢橋小学校での4年間は、私の教師人生の基盤を作ってくれた出会いばかりでした。
深くかかわった子どもたちや保護者の皆様だけでなく、このように、私が取り組んでいた活動を温かく見守り、追っかけ、ご声援くださった保護者の方々、地域の方々もたくさんいらっしゃいました。

お子さんは部員でないのに、「京成バス」にお勤めだったあるお父さんは、「合奏部が遠征する時には、特別にうんと安くバスを出しますから、先生、声かけてね!」と私に言いに来てくださり、実際にお願いすると、「えっ!そんなに安くていいんですか?」というほどの値段でバスを出していただいたこともありました。(今だから公言できます!)

楽器購入のために、私が先頭に立って廃品回収のリヤカーを曳いていた時に、「先生、新聞は子ども会に出しちゃったけど、これ気持ちだけ」と、「おひねり」をジャージのポケットに入れてくださった地域の方もいらっしゃいました。

現職だったある年の暮れに、ふと思い立って犢橋小学校を訪ねたことがありました。
校門の「千葉市立犢橋小学校」の金属表札を丁寧に磨いているおじいさんがいらっしゃいました。

「こんにちは。おじいちゃんも、犢橋小学校のご出身なんですか?」と話しかけると、「そうだよ。年末にはいつもこうやってお掃除だ。そう言えば、昔、この学校は音楽で日本一になってねぇ。若い熱心な先生がいてさ。この体育館で演奏会やってくれて、それはそれは感動したよ。母校が日本一だよ。うれしかったなぁ。」

「あの...私は、その時のその若い先生なんです。田川です」
「おぉ、そうかい。あの時はよくやってくれたなぁ。ありがとうよ。」と、私の手を握りしめておっしゃってくださいました。
たまたまのおじいさんとの出会いでしたが、当時私は、とても落ち込んでいた時期で、心にふっと灯をともしていただいような気持ちになりました。


12月に教え子たちが集まった時にも、この話を彼らには話しましたが、犢橋小学校の地域の方々は私たちが思っている以上に、私たちのことを応援してくださり、誇りにすら思っていてくださったのだと...

昨日いただいたお母様からのメールに、改めて犢橋小学校時代の私を見守ってくださっていた方々への感謝の思いがふくらみました。

今日もがんばれそうです。

・・・ありがとうございました。


PageTop