田川伸一郎のブログ

逆サプライズ大成功!

昨年11月19日に、大柏小学校吹奏楽部の教え子たちが、サプライズで開いてくれた「還暦を祝う会」

その実行委員会(?)が、遅ればせながら「反省会」をするらしいという情報が耳に入りました。

これもSNSの有効利用のおかげです。

先週土曜日、東京都小学校管楽器演奏会の後、私は急いで西船橋駅に向かいました。

お店に入り、店員さんにこっそり聞いた部屋へ...

「やぁ!」 「キャー! 田川先生! えっ! どうして?!」
「はい、サプライズ、大成功!」
「何で? どうして知っていたんですか?」
「え~?ふふふ。まあ、こういうことは分かっちゃうんだよね。」

『スパルタクスの代』の部長のY君は、私が来るまでと急に姿勢が変わった、背筋がピンと伸びてる~と、笑われていました。

実行委員会は各代の代表者の集まりですから、一番上と一番下の代は、8年を隔てています。
当然のことながら、小学校時代は一緒に活動したことはありません。
しかし、もうすっかり仲の良い「ちーむ大柏」としておしゃべりしていました。

あの会を開催させるために、会ったこともない他の代の代表とSNSで密にやり取りし、そして、当日初めて会い、大成功で喜び合ったと...

あの会に向けてのプロジェクトの「裏」もたくさん聞かせてくれました。
あの会の後、参加した皆から実行委員に届いた「ありがとう」の反応のすごさ、お店の方も「こんな素敵な会に使っていただけて良かったです」と喜んでくださっていたという話も...

会の時には話せなかったそれぞれの「今」についても詳しく聞くことが出来ました。
結婚しているメンバーは、お相手の写真やお子さんの写真を見せてくれたり、いきなり親に電話して「今、田川先生にかわるね」と、あの頃お世話になった保護者の方とお話し出来たり。

私も皆も、改めて仲間の良さを感じ、楽しく幸せなひとときを過ごすことが出来ました。

「今日、来られなかった実行委員もいるんで、第二回もやりましょうよ!」
「その時は、僕に秘密にしないで、ちゃんと連絡くれよ!もうお互いにサプライズ大成功したんだから!」
「は~い!」(笑)

このメンバーは、『大柏っ子連絡協議会』という名前のグループLINEを作っており、晴れて、私もメンバの一員として入れてもらうことが出来ました。

このつながりは、ずっとずっと続いていきそうです。

みんな、本当にありがとう!

O4UPUILTXNLjxH91518878480_1518878569.jpg


*今日と明日は、「東京都小学校管楽器演奏会」の第二週にお伺いさせていただきます。
出演校の皆さん、頑張ってください!


スポンサーサイト

PageTop

志を高く持って

昨日は、県内の高校バンドと初めての出会いをさせていただきました。

JEqCZUPqu79O2_c1519217193_1519217208.jpg

顧問の先生から、丁寧なご依頼をいただき、お電話でたくさんお話しをしました。
先生は、指導経験も豊かで、お力もある方です。

「今まで、楽器講師以外は入れずに、合奏は全て自分ひとりで指導して来たのですが、生徒たちの努力がさらに実り、より良い音楽をさせてやるためには、私自身がもっと勉強しないと。特に音楽的な指導をどのようにすればよいのかということをここからさらに勉強しなければと思います。」
先生の謙虚な姿勢、自分自身へ向けたベクトル、生徒さん方への深い愛情に感じ入り、こんな私で良いなら、是非お付き合いさせていただきたいと思いました。

そして、昨日が出会いの日でした。

バンドの様子を知るために、まずいつもどおりの基礎合奏を見せていただきました。

IMG_0005_convert_20180221215458.jpg  IMG_0009_convert_20180221215540.jpg
生徒のリーダーさんが進めていき、途中、パート内での意見交換の場面もありました。
顧問の先生は、黙って見守っておられました。


リーダーさんのツボを得た指示と、それに反応する部員たちの受容力が共にすばらしく、「儀式」ではない中身のある基礎合奏をしていることが分かりました。

私から、さらにそれを進化・深化させるためのアイデアを提案させていただき、さらに効率的な基礎合奏のためのメソードを提供させていただきました。

IMG_0021_convert_20180221215802.jpg  IMG_0011_convert_20180221215601.jpg

IMG_0013_convert_20180221215701.jpg  IMG_0006_convert_20180221215520.jpg
歌を使った練習も得意のようでした。 互いに注意し合って、「もっといい顔で、いい声で」と話し合っていました。

初めてのレッスンなのに、話がとても良く通じ、システムを定着させるのが、とてもスムーズでした。
真剣に向かって来る眼にも感動しました。

志が高い顧問の先生が育てている生徒たちだけあります。

次に、前もってお渡ししておいた「コラール」の練習に移りました。

今度は、先生のご指導をしばらく見せていただきました。

IMG_0014_convert_20180221215719.jpg
生徒への語りかけが優しく、ひとつひとつの音をとても大切にされる先生です。

しばらく、ご指導していただいた後、私がバトンタッチして、私なりの「コラール」の勉強の仕方を実演しました。

先生は、どちらかというと音を「縦」に整えるやり方。 私は、どちらかというと「横」の流れを整えるやり方です。
どちらも大切なので、生徒さんたちは二方向からの勉強の仕方が分かったと思います。

IMG_0018_convert_20180221215744.jpg  IMG_0012_convert_20180221215642.jpg

コラールに引き続いて、私からプレゼントしてあげた小曲を丁寧に勉強していきました。

皆の意思のある眼が集まり、初めてとは思えないほどの一体感を感じながら指揮が出来ました。

そして、音色が歌がハーモニーが、みるみる純度を上げて行きました。

本当に志の高い生徒さんたちでした。

あっと言う間に時間が経ち、もっともっとここで音楽していたいと思った出会いでした。

sf7bbgbE52yOhpq1519217226_1519217307.jpg

外部講師の先生から合奏指導を受けたのは初めてという先生と生徒さん方...緊張があったかもしれませんが、君たちのやる気と真面目さ、本気、何より「志の高さ」のおかげで、とてもレッスンがやりやすかったです。
真剣さだけでなく、笑顔やうなずき、なごやかさも、練習の良い雰囲気につながっていました。
先生からのお声かけのおかげで、こんなすてきな君たちと出会えたことに、心から感謝しています。
そして、素晴らしい可能性でいっぱいのバンドだということを、今回のレッスンで、先生と君たち自身が感じたことだと思います。
その「可能性の芽」を、先生のご指導と自らの努力で、どんどん開花させていきましょう。
僕も誠意を持って君たちとお付き合いしたいと思います。

これからもよろしく! がんばろう!


PageTop

見えないゴールに向かって

昨日は、船橋市立葛飾小学校吹奏楽部の今年度最後のレッスンでした。

DRfnhuVUEMkfQDs1519049473_1519049495.jpg

このバンドとは、これで1年半のお付き合いとなります。

顧問の木内紀子先生は、葛飾小学校の前は船橋市立高根東小学校で、「こども音楽コンクール文部科学大臣奨励賞・3年連続受賞」や「東日本学校吹奏楽大会・金賞」というすごい成績を残されていました。
昨年度転勤した葛飾小学校の吹奏楽部は、コンクールに出たこともないバンドでしたが、2年目の今年度は「東関東大会・金賞」「日本管楽合奏コンテスト全国大会・最優秀賞」という驚くべき躍進を遂げました。

IMG_0010_convert_20180219231953.jpg
情熱の塊、木内紀子先生です。
先生ご自身が、小学校時代に東京都で吹奏楽部員として活動され、「こども音楽コンクール」で全国一位になった経験をお持ちです。
私は若い頃、その演奏をレコード盤で聴いて驚愕し、「小学生でもここまで演奏出来るのだ」と励みにしていました。
あの演奏の中に、木内先生がいらしたのだと、感慨深いものがあります。
子どもの可能性をどこまでも信じてご指導される情熱の裏には、ご自身の小学校時代の努力の日々があるのです。
小学校時代に偉大な先生から受け継がれたDNAは、今、葛飾小学校の子どもたちに、大きな愛と共に注がれています。


木内先生と相談して決めた今年度のコンクール曲は、チャイコフスキー作曲、バレエ音楽『くるみ割り人形』でした。
木内先生は、私に葛飾小学校ヴァージョンのアレンジをお任せくださり、その楽譜で子どもたちはコンクールに向かいました。

小学生には決して易しい曲ではありませんでしたが、「田川先生に演奏で恩返ししよう」と、たくさんの苦労を乗り越えて取り組み、この曲と共に成長して来ました。

IMG_0001_convert_20180219231701.jpg
                 IMG_0002_convert_20180219231725.jpg
1枚目のパート譜は、みんなこんな感じです...。 1年間にパート譜を2~3回新しくしていました。
書き込みでいっぱいになると、新しいパート譜をもらって、もう一度、リセットスタートするのです。


昨日は、定期演奏会や船橋市の「優秀校演奏会~夢を育むコンサート」に向けて、最後の『くるみ割り人形』のレッスンを中心に、他3曲の練習をしました。

良い曲は、長期間練習していても、飽きることが全くありません。
そして、ますます進化・深化させていくことが出来ます。

コンクールで演奏した夏~秋よりも、ひとりひとりの演奏技術は、当然のことながらレベルアップしています。
『くるみ割り人形』だけでなく、他の様々な曲を練習することによって付いた力もあります。

だから、コンクールの時期よりも良い音、良い表現が出来ます。
逆に、長期間練習していたことで、つい安易に演奏されてしまう部分も生まれます。
昨日は、「今だから出来る演奏」を求め、無配慮になってしまっていた面も確認して、それを元に戻すのではなく、元以上に良くする練習をしました。

IMG_0003_convert_20180219231747.jpg  IMG_0005_convert_20180219231807.jpg
IMG_0006_convert_20180219231827.jpg  IMG_0007_convert_20180219231849.jpg
IMG_0008_convert_20180219231909.jpg  IMG_0009_convert_20180219231933.jpg
これまで、どれだけたくさん練習して来たか分からない『くるみ割り人形』に、最後の最後まで食いつき、コンクールの時よりも更に良い演奏をしたい、もっともっと...と集中する賢い子どもたちです。
「コンクールで良い成績を収める」という『見えるゴール』ではなく、「自分たちに出来る最高に良い演奏をしたい」という『見えないゴール』に向かっているからこそ生まれる学びの姿勢です。
これが、音楽の本当の楽しさ、学び方なのです。
木内先生の「正しい教育」があってこそです。


葛飾小学校の子どもたちが奏でる『くるみ割り人形』の演奏は、「田川先生に演奏で恩返ししよう」の思い以上に、私に大きな大きな宝物を残してくれました。

IjCjbFUqplUvhUg1519083923_1519083936.jpg
                 Dy2kswoTTF2EPbA1519083964_1519083978.jpg
黒板に貼ってある「ありがとうございました」の横断幕には、子どもたちひとりひとりの気持ちが書かれていました。


Gu3J9ut8zUuF6lw1519049517_1519049576.jpg

葛飾小学校吹奏楽部のキラキラした子どもたち。
こんなにすばらしい演奏で返してくれて、ありがとう。
君たちのために、一生懸命アレンジしてあげて、本当に良かった。
「定期演奏会」、「夢を育むコンサート」では、1年間の学びを精一杯発揮して、『見えないゴール』に少しでも近づける演奏をしてくださいね。



VWLfVwg2K6jES901519049596_1519049696.jpg
6年生のみんな、最後の2年間、木内先生と共に過ごせて良かったね。
僕も君たちと出会えて、本当にうれしかったです。
こんなにたくさん卒業してしまい、残るメンバーは20数名...来年度は大変です(泣)
中学生になっても、木内先生と後輩たちをたくさん支えてあげてくださいね。
そして、出来れば中学校でも音楽を続けてほしいです。
どこまでも果てしない、音楽の『見えないゴール』に向かって...


PageTop

第42回東京都小学校管楽器演奏会・第一週

この土日の2日間は、『第42回東京都小学校管楽器演奏会』に、講師としてお伺いさせていただきました。

会場は、リニューアルした武蔵野市民文化会館でした。

IMG_0002_convert_20180217234440.jpg

この演奏会には、8年間続けてお招きいただき、しかも、2週にわたって4日間開催される演奏会のすべてを聴かせていただいています。
それに加えて、3月に開かれる「月例会」にもお招きいただき、4日間の演奏会の総括の講話をさせていただいています。
先生方の勉強、子どもたちの熱演に毎年関わらせていただき、感謝でいっぱいです。

この演奏会に出演するには、年間8回ある「月例研修会」のうち、5回以上参加することが条件となっており、先生のご事情によってその回数に満たない場合には、出演することができません。

長い教員生活の中には、先生ご自身やご家庭のご事情、校内のご事情を優先しなければならないこともあります。
また、「小管研」に入って勉強していても、学校にはバンドがないという先生もいらっしゃいます。

しかし、この演奏会の運営には、そういった条件のため出演できない学校の先生もかかわっておられます。
それもすばらしいことです。

ご自分は出演出来ないタイミングであっても、また出演できる「いつの日か」のために、仲間として運営に協力されていらっしゃるのです。

まさに、「おたがいさま」「おかげさま」の心で活動されている「東京都小管研」です。

東京都でも、新採の先生が多く採用されるようになり、ベテランの先生方の中で若い先生方が勉強される姿、出演して指揮される姿に、とてもフレッシュなエネルギーを感じました。
すばらしい先輩方の元で謙虚に学んで指導力を上げていっていただきたいと思います。

講師の先生方です。

2月17日
IMG_0005_convert_20180217234611.jpg
雲井 雅人 先生 (雲井雅人サックス四重奏団・国立音楽大学客員教授)
益子 和子 先生 (トランペット奏者・バンド指導者)
玉寄 勝治 先生 (明星大学客員准教授・羽村第一中学校吹奏楽部顧問)
田川伸一郎

2月18日
IMG_0006_convert_20180218213855.jpg
関口 仁 先生 (昭和音楽大学教授・クラリネット奏者)
藤井むつ子 先生 (洗足学園音楽大学客員教授・打楽器)
上原 宏 先生 (東京佼成ウィンドオーケストラホルン奏者)
田川伸一郎

この他、打楽器奏者の大山博先生が、共通打楽器のチューニングなどフォローをしてくださいました。(全日程)

講師の先生方には、終演後に、講師室で総評をいただきましたが、プロのプレイヤーとしての奥深いお話を聞かせていただき、本当に勉強になりました。

それを丁寧にまとめて、3月例会で先生方にお伝えするのが、私の役目です。

すばらしい演奏を聴かせてくださった出演校の皆さんです。

2月17日
♪ 新宿区立鶴巻小学校 (金管バンド)
♪ 立川市立第二小学校 (吹奏楽)
♪ 北区立滝野川もみじ小学校 (金管バンド)
♪ 大田区立志茂田小学校 (金管バンド)
♪ 羽村市立小作台小学校 (金管バンド)
♪ 鷹南学園三鷹市立東台小学校 (金管バンド)
♪ 千代田区立九段小学校 (金管バンド)
♪ 武蔵野市立大野田小学校 (吹奏楽)
♪ 練馬区立小竹小学校 (吹奏楽)
♪ 江東区立明治小学校 (金管バンド)
♪ 新宿区立落合第三小学校 (吹奏楽)
♪ 練馬区立大泉第三小学校 (金管バンド)
♪ 立川市立柏小学校 (吹奏楽)
♪ 小平市立学園東小学校 (吹奏楽)
♪ 練馬区立大泉小学校 (金管バンド)
♪ 大田区立小池小学校 (吹奏楽)
♪ 台東区立金竜小学校 (金管バンド)

IMG_0003_convert_20180217234504.jpg  IMG_0004_convert_20180217234524.jpg
IMG_0007_convert_20180217234634.jpg  IMG_0008_convert_20180217234656.jpg

2月18日
♪ 大田区立蒲田小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵村山市立第二小学校 (吹奏楽)
♪ 目黒区立八雲小学校 (金管バンド)
♪ 多摩市立諏訪小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵野市立第三小学校 (吹奏楽)
♪ 北区立滝野川第五小学校 (金管バンド)
♪ 文京区立林町小学校 (吹奏楽)
♪ 渋谷区立神南小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵野市立桜野小学校 (吹奏楽)
♪ 江東区立第二砂町小学校 (金管バンド)
♪ 墨田区立二葉小学校 (金管バンド)
♪ 板橋区立桜川小学校 (金管バンド)
♪ 台東区立台東育英小学校 (金管バンド)
♪ 江東区立浅間堅川小学校 (金管バンド)
♪ 八王子市立清水小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵野市立第四小学校 (吹奏楽)
♪ 台東区立東泉小学校 (管弦楽)

IMG_0002_convert_20180218213758.jpg  IMG_0003_convert_20180218213817.jpg
IMG_0005_convert_20180218213836.jpg  IMG_0007_convert_20180218213913.jpg

次の土曜日・日曜日にも、第二週が開催されます。

今からとても楽しみです。

この2日間に出演された34校のみなさんに心から拍手を贈ります。


PageTop

小学校の音楽科授業

昨日の午前中は、県内の私立小学校の授業サポートの日でした。
おふたりの音楽専科の先生が、それぞれ3年生、4年生の授業を展開され、参観と私が交代しての授業をさせていただきました。



0pEBpkxBk_MGrE31518621442_1518621467.jpg

3年生は、歌唱『いつだって!』(作詞・作曲/若松歓)とリコーダー『エーデルワイス』でした。
40名以上もいる元気な学級です。


歌は伸び伸び、いい声で歌います。
途中まで先生がご指導され、その後、私が引き継いで指導。

IMG_0006_convert_20180215002115.jpg

「この曲の一番おいしいところはどこ?」
「『ぼくらはいつだって』からのところ!」
「そこを一番聴く人の心に残すために、作曲者が何か記号を書いているんだけど。」
「エフエフ(ff)だ!」
「そう、とても大きく元気に歌いたいね。そこが一番伝わるように。お料理で言うとステーキかな。そこまでの部分は、サラダのように歌えるかな?」

これだけで、歌い方が変わりました。
前半は、f(フォルテ)ではありますが、少し控えめに、さらっと。
後半は、ffで生き生きと。

IMG_0007_convert_20180215002134.jpg
身体が動き出し、アクションまでつけて歌う子もいました。いいねぇ!

みんなも真似して、ちょっぴり語るような歌い方と、訴えるような歌い方との差をつけて見事にメリハリある歌い方に出来ました。

IMG_0003_convert_20180215002057.jpg  IMG_0008_convert_20180215002153.jpg
始終にこやかな若い音楽専科の先生です。   担任の先生もさりげなくサポートされます。

リコーダーでは、『エーデルワイス』を4小節一息で吹くことで、フレーズ感を整えていきました。
息の配分を考える分、音色も柔らかく...

元気があり余っている元気な3年生。こんなパワーが私は大好き。
これからぐんぐん伸びていきそうです。


96yexBEeFRlxuT61518621489_1518621508.jpg

4年生は、学年音楽でリコーダー『ジュピター』(作曲/ホルスト)と二部合唱『Tommorow』でした。
一学年違うだけでこんなにも落ち着きやリコーダーの技術や音色、歌声が違うのだとびっくりするほど、この一年の大きな成長が分かりました。


リコーダーを中心にしました。
曲の難しい部分をクリアしていくためのトレーニングの工夫、アウフタクトと一拍目の重心の意識。

とても上手に演奏出来ていたので、細部の精度を上げるための指導をお手伝いしました。

IMG_0015_convert_20180215002303.jpg  IMG_0014_convert_20180215002249.jpg
IMG_0013_convert_20180215002229.jpg  IMG_0012_convert_20180215002211.jpg

合唱の『Tommorow』では、楽譜にある八分休符の扱いを明確にしていくことで、曲全体が引き締まっていくことを勉強しました。
だらだらつなげて歌わないことも必要です。なおかつ、フレーズのまとまりを感じて。

アルトも気分よく伸ばし続ける拍の長さどおりに切らないと、次の和音に食い込んでしまう箇所があり、「何となく歌い」を「正確歌い」に変えて行きました。

みんなともかく反応がいい。 良くしていこうという意欲が高い子どもたちなので、変容は見事でした。
すばらしかったです。


今年度の授業サポートは、昨日で終了しました。

授業後、音楽専科の先生方はもちろん、校長先生、教頭先生も加わってくださり、来年度のサポートの予定、研修の方向について打ち合わせしました。

来年度も、このすばらしい学校で、授業のお手伝いをさせていただけることを大変うれしく思っています。

私も、共に勉強していきたいと思います。

1年間、ありがとうございました。


PageTop