田川伸一郎のブログ

オホーツクから

先週の金曜日から昨日まで、北海道のオホーツクにお伺いして来ました。
函館、旭川に続き、3週連続の北海道出張でした。


夏休みに入り、羽田には家族連れや友達グループの若者の姿も多く見られるようになりました。
旅行雑誌を見ながら、「あそこに行こう!、あれを食べよう!」と楽しげに話していました。

そうかぁ、そうだよなぁと思いつつ、「私の夏休みは、もうひと頑張りするまでおあずけ」という気持ちで女満別行きの飛行機に乗り込みました。


オホーツク地区とのご縁は、数年前に開催された『オホーツクバンドクリニック』に講師としてお招きいただいたことがスタートでした。
その後、この時期のコンクールに向けての学校レッスンや秋の小管研の研修会の講師もさせていただいています。

以前から、オホーツク地区(吹奏楽連盟では「北見地区」です)の、特に小学校の金管バンドのすばらしさには注目していましたが、先生方との勉強を通して、その裏にコルネット奏者の「岡本篤彦先生」のご指導の力が大きいということが分かってきました。

以前にもブログ記事でご紹介させていただきましたが、この地区の小管研では、毎年6月頃に岡本先生をお招きし、「岡本メソード」という金管奏法の独特の技を伝授していただいています。
広いオホーツク地区の3会場で、毎年全く同じ内容で基礎練習の仕方を児童たちに直接指導していただいています。

今年は、一番多い地区で、120人ほどの児童が集まり、岡本先生から直接ご指導受けたそうです。
これが、もう20年位続いているというから驚きです。

オホーツク地区の小学校の輝かしい金管サウンドは、「岡本篤彦先生メソード」によるものです。

24092305[1]
2012年9月 東京ブラスコンコードでもレッスンしていただきました。

オホーツクの先生方の「学ぶ心」の高さは特筆に値します。
志も高く、目指すレベルも高いです。

数年前には、「東日本学校吹奏楽大会」へ進む小学校の北海道代表を、全て北見地区が持っていったこともありました。

そんな熱心な先生方に育てられた子どもたちとのレッスンの時間は、「音楽」に集中出来る質の高いものでした。


今回お伺いした小学校5校、中学校2校をご紹介します。

T059QeQIdzRPVYG1501244838_1501244863.jpg
IMG_0017_convert_20170728213207.jpg  IMG_0020_convert_20170728213228.jpg
IMG_0012_convert_20170728213149.jpg  IMG_0006_convert_20170728213129.jpg
KFcVTEemG_5WS0A1501244893_1501244956.jpg
3年生を含めて20数名、しかも、6年生は3名だけという小学校バンドです。
演奏する姿に心が感じられ、レッスン前に一度聴かせていただいた時からべた褒めしました。
曲の中で、いかに音色を変化させ、曲の表情を豊かに表現するかということに集中してレッスンを進めました。
日頃の顧問の先生の信念あるご指導のおかげで、技術も心も鍛えられている集中力と向上心に溢れた子どもたちにただただ感心の2時間半でした。


lLXeOOPKZ5PPRdw1501335420_1501335442.jpg
IMG_0001_convert_20170729230532.jpg  IMG_0002_convert_20170729230553.jpg
IMG_0004_convert_20170729230615.jpg  IMG_0006_convert_20170729230633.jpg
f1ooC50Qc0QOWtz1501335576_1501335597.jpg
こちらの小学校も、人数が少ない中、健闘しています。打楽器には5、6年生がいませんが、とても上手!
音色がとてもきれいなバンドで、特にコルネットの音色には惹き込まれました。
ブラスバンドの名曲に取り組んでおり、楽譜に書かれた記号やフレーズの流れを正確に理解することで、曲の奥深さがより豊かになることがわかりました。
休憩時間になると、みんな兄弟姉妹のように仲良く遊び、子どもらしい明るさとパワー炸裂! いいなぁ。


2cT_5w0rtP_MV811501335670_1501335700.jpg
IMG_0009_convert_20170729231201.jpg  IMG_0010_convert_20170729231218.jpg
IMG_0014_convert_20170729231253.jpg  IMG_0011_convert_20170729231235.jpg
cUAZBQkpP6u3HBB1501335735_1501335829.jpg
今回お伺いした小学校では、唯一の吹奏楽編成のバンドです。
以前は人数がとても少なかったのですが、今年はここ数年で最高人数で、本格的な吹奏楽曲に取り組んでいます。
技術も表現も、とても難しいグレードの曲ですが、想像以上に立派にこなしていて驚きました。
場面ごとの演奏のポイント(特に、縦の音楽と横の音楽)や約束をしっかり押さえていくことで、曲の持つ力やドラマ性が伝わることを勉強しました。


guB_P2OrXkvxjz51501450685_1501450701.jpg
IMG_0001_convert_20170731064802.jpg  IMG_0003_convert_20170731064831.jpg
IMG_0004_convert_20170731064852.jpg  IMG_0008_convert_20170731064911.jpg
6zwkrkxaLbpsqAK1501450721_1501450761.jpg
隣合わせの学区の小学校2校が合同で活動し、コンクールにも合同で参加するというバンドです。
互いの良い所を真似し合ったり、弱いパートを助け合ったり、先生方も共に指導し合ったりし、みんな仲良く共に成長している様子です。
この夏のコンクールは、一方のベテランの顧問の先生ではなく、若い先生が指揮をされるということで、指揮の先生も猛勉強中でした。
大人数を生かしたサウンドづくり、強弱の幅の拡大、曲想表現の共有をすることで、ますます一体感ある豊かな演奏になりました。


VIDHzpkP2a02RbQ1501450941_1501450962.jpg
IMG_0026_convert_20170731065312.jpg  IMG_0025_convert_20170731065254.jpg
IMG_0027_convert_20170731065333.jpg  IMG_0032_convert_20170731065355.jpg
sGS0fcPyvctFJC01501450991_1501451041.jpg
こちらの小学校は、去年は6年生が少なく、とても大変でしたが、今年は去年苦労して身につけた力を発揮して、とても柔らかく、輝かしいサウンドを響かせていました。
コンクール曲は、小学校でよく演奏されるブラスバンドの名曲で、皆がとても気にいって演奏している様子が見られました。
単調になりがちな曲でもありますが、フレーズの持つ力、伴奏の役割を演じ切ることで、曲が立体敵になり、またゆっくりの部分も停滞せず、すっきり流れる演奏になることが分かりました。
連続する八分音符の粒を揃えるためのタンギングの効果的な練習も伝授しましたので、さらに切れ味の良い演奏にまとまっていくことを願います。


2y6TJzdL74lBTVH1501335876_1501335896.jpg
IMG_0040_convert_20170729231311.jpg  IMG_0042_convert_20170729231330.jpg
IMG_0043_convert_20170729231352.jpg  IMG_0051_convert_20170729231413.jpg
Kn7D6cFq7gm4beh1501335934_1501336028.jpg
多くの部員が小学校からの経験者で、しかも、小学校のレッスンでもお付き合いした子どもたちなので、とてもうれしいつながりを感じる中学校です。
課題曲のマーチでは、もう一度基本に戻って、タンギングを明快にしてリズムや音形を揃えること、バランスを整えることで、すっきりした演奏にすることが出来ました。
自由曲では、色彩感や立体感を増すための様々な工夫をし、曲の魅力が最大限に伝わる演奏を目指して練習しました。
コンクールまでの1週間にこなしてほしい課題も置いて来ました。きっと全力でクリアーして本番を迎えてくれると信じています。


gjnbq9ENkFUheZL1501450796_1501450818.jpg
IMG_0013_convert_20170731065852.jpg  IMG_0015_convert_20170731065914.jpg
IMG_0021_convert_20170731065941.jpg  IMG_0024_convert_20170731070007.jpg
JPNBUGAtAx8k8yq1501450856_1501450912.jpg
先生ともバンドとも、全く初めての出会いをさせていただいた中学校です。
顧問の先生は、笑顔が優しい、とても謙虚で勉強家な方です。
生徒さんたちも、活発で前向き、とても素直で良い練習の雰囲気を作っていました。
ドラマ性のある曲を演奏していますので、楽譜に書かれた記号だけでなく、楽譜の行間から読み取れる作曲者の思いを感じ取って表現する勉強をしました。
初めての私のレッスンに、先生は目が点?だったようですが、とても喜んでくださり、私もうれしかったです。
今後もよろしくお願いいたします。



オホーツクで伺った学校は、7校ともとてもレベルが高く、子どもたちの集中力や忍耐力、向上心には目を見張りました。
特に小学校では、幼い2年生や3年生の子どもたちも、長い時間のレッスンにも態度を崩すことなく、しかも、ちゃんと「戦力」として活躍している姿に感心するばかりでした。

全て、顧問の先生方の日頃からのご指導の賜物です。

学校間の移動距離が長く、身体はかなり疲れた3日間でしたが、最後の最後まで「音楽」が出来た喜びは大きかったです。
そんな「時」をくださった先生方と子どもたちに心から感謝しています。

お招きくださり、ありがとうございました。



コンクールに向けての週末の地方レッスンも、今回のオホーツクで終わりました。

何と、9週間連続の地方出張でした。

各地で出会った先生方の温かさ、子どもたちのキラキラした姿に支えられて、身体を壊すこともなく乗り越えることが出来ました。

まだまだ暑い中でのレッスンは続きます。

8月10日まで...がんばります。

みなさまも、暑さに負けず...

良いひと夏を!


PageTop

夏休みレッスン行脚の巻~その壱

月曜日から昨日までの4日間は、明日・明後日に開催される千葉県吹奏楽コンクール小学校の部に出場する小学校を中心に、毎日4校平均でお伺いさせていただきました。

どの学校も、夏休みに入り、コンクールまっしぐらの練習でした。

蒸し暑さもどんどん増し、特に昼過ぎの体育館の暑さは息苦しいほどです。
先生も子どもたちも、流れ落ちる汗を拭いながら、最後まであきらめずに練習し続けます。

一番の敵は「自分自身」...ここでどう踏ん張るか。

スポーツの試合とは違い、他校がどうこうではありません。

自分が自分をあきらめない。
自分が自分を乗り越える。


私自身も、連続する体育館練習で、体力・精神力との闘いです。

レッスンが終わると、座って休む間もなく、車に乗って次の学校に移動です。
車の中で、冷房をガンガン効かせて身体を冷やします。
1校目からすでに全身びしゃびしゃ...身体には良くないことは分かっていますが、ここは諦めてサバイバルです。
朝8時に1校目スタート、20時に最後の学校終了の日も2日ありました。

みんなみんな、本気で頑張っていました。

尊い汗。


fy3PG0FzMLBN9hc1501015971_1501016052.jpg

                 7i7uj39D2F1Swyc1501016096_1501016194.jpg

nybbDvV2DyH2PEc1501016239_1501016354.jpg

                 JD3mb3_ZfhlYXtp1501016407_1501016521.jpg

N4QOhdLx3kSlfbp1501016595_1501016799.jpg
                 
                 1EVrl9TsstPUxBP1501016897_1501017039.jpg

k90kXcZjTq0TNFX1501017111_1501017267.jpg

                 MZoqnLPmfN8v0Oe1501017340_1501017489.jpg

b3CiCufN8SyuYLw1501017569_1501017744.jpg

               3KchGod3OuQjoVr1501076852_1501076956.jpg

UfY_fZReB90_2V71501077013_1501077114.jpg

                 CxiJ6hFxFcOW2Yb1501077161_1501077285.jpg

4x_qwrjKZuHdKpC1501077347_1501077500.jpg

                 MjLNF3dFDJFGDnM1501160697_1501160757.jpg

F7YwKDMoYkL1iJX1501160995_1501161039.jpg

コンクールでのご健闘をお祈りしています。

心に残る良い演奏が出来ますように!


PageTop

感動の応援旗

最近お伺いしたある小学校の体育館の壁。

小学校最後の吹奏楽コンクールに向けて体育館練習に汗を流す6年生部員ひとりひとりに、1枚ずつの応援旗が贈られていました。

3YXsgGO2_sMuPFg1501159913_1501159930.jpg
     Vi_Hf1XaWEq9YH81501159959_1501159986.jpg

これを書いてくれたのは、クラスの仲間たち。

6年生の担任の先生が、学級の子どもたちに呼びかけてくださったそうです。

学級にいる吹奏楽部の仲間たちひとりひとりのために、大きく名前を書き、応援のメッセージが書かれていました。

それを体育館に貼ってくださってありました。

担任の先生や学級の仲間たちの応援を受けて、暑い体育館練習に汗を流す子どもたち...幸せです。

レッスンをしていると、6年生の担任の先生が、そっと見に来てくださっていました。


こうして「心」を育ててくださっている担任の先生に敬服いたします。

いい職場だなぁ。

PageTop

旭川から~2017・7月・その1~

先週の金曜日から昨日まで、北海道の旭川にお伺いして来ました。
2週連続の北海道です。


飛行機は満席、飛び交う言葉は日本語以外がたくさん。
学校はまだ夏休みではありませんが、北海道はまさに観光シーズン。
旭川は、「美瑛」「富良野」など、この時期にはラベンダーをはじめとする美しい花々が丘陵地帯にパッチワークのごとく咲くので、そちら方面への観光客もたくさんいました。

空港到着後、レッスン開始までの少しの時間、年休を取ってお迎えに来てくださった先生が、美瑛方面にドライブに連れて行ってくださいました。
美しいお花畑を想像していたのですが、今年は気候のせいか、お花があまり美しく咲いておらず残念でした。
有名なラベンダーも、例年に比べると、いまいち美しくないそうです。
でも、ソフトクリームはやはり美味しかったです。
プチ観光気分でした。


旭川には、5月から毎月お招きいただいております。

今回のレッスン希望校は、3日間で小学校4校、中学校6校、高校1校の計11校でした。
先週の函館での4日間で18校とどちらが大変?
どちらも大変でしたが、旭川も先生方のチームワークがとても良く、互いに協力し合って、スケジューリングしていただけたので、とてもスムーズに日程をこなせたことがありがたかったです。
どの日も終了は、20時になってしまいましたが...

それにしても、北海道とは思えない暑さには驚きました。
夕方になると涼しい風が吹いて来て救われましたが...

今回のレッスンが今年度初となった学校は4校で、他の7校は5月、6月に受講された学校でした。
また、先生ともバンドとも初対面のありがたい出会いもさせていただきました。

旭川地区の吹奏楽コンクールは、最初のステージが8月5日で、たぶん日本一遅い開催なのではないかと思います。
夏休みに入ってからも、じっくり練習してからステージに上がれることをうらやましく思います。

今回のレッスンからもまだ2週間も伸びていけることを想定し、遠慮なく「宿題のお土産」を置いて来ました。

今回が今年度の初レッスンの学校を中心に、他のバントは函館同様ワンショットでご紹介します。


mXuHmakOIbT9AvA1500644681_1500644701.jpg   
IMG_0013_convert_20170721225046.jpg  IMG_0024_convert_20170721225228.jpg
IMG_0022_convert_20170721225106.jpg  IMG_0027_convert_20170721225246.jpg
RWrucCdC87uFgHb1500644729_1500644800.jpg
こちらの中学校は、初めてお招きいただいた学校です。
顧問の先生とも、お電話で話しただけで、全く初対面です。物腰の柔らかい、とても謙虚で丁寧な対応をしてくださる男性の先生でした。
レッスンの前には、合宿もおこなって十分に力を付け、曲をきちんと作り上げてからレッスンを受けてくださいました。
曲の隅々にまで指導が行き届いた演奏で、部員たちも自信を持って演奏出来ている姿が見られて感動しました。
一度聴かせていただいた後、「今日だけの表現」を前提に、私なりの解釈で曲の味付けをさせていただきました。
生徒さんたちは、やる気いっぱいで、とても素直に反応し、いつもと違う表現にも抵抗なくついて来てくれました。
先生は、真剣な表情で私の指導を見つめ、うなずきながら細かく記録されていらっしゃいました。
「皆さんの『シェフ』は、顧問の先生です。今日変えた味付けをどうするかは、先生のご指示のとおりにしてください。元に戻しても全く構いませんので、先生と一緒に最高の演奏を作り上げてくださいね」とお話ししてレッスンを終えました。
こんな素敵な先生とやる気ある生徒さんたちと出会え、とてもうれしかったです。
これからもお付き合いさせていただけたらうれしいです。


BgduEa1tSYM1jRo1500734160_1500734193.jpg
IMG_0006_convert_20170723000351.jpg  IMG_0007_convert_20170723000419.jpg
IMG_0003_convert_20170723000305.jpg  IMG_0005_convert_20170723000329.jpg
HrE9xYyND4aECKh1500734699_1500734806.jpg
お力のあるベテランの先生のご指導を受け、素直で一生懸命な子どもたちが、生き生きと活動しています。
基礎練習が正しくおこなわれているようで、奏法や音色がとても良く、下学年の子どもたちも、まだテクニックは未完ながらも、とても良い音で吹いていることが印象的でした。
コンクール曲は、とても有名なブラスバンドの名曲で、私も大好きな曲です。
聴く側はとても楽しい気分になる曲ですが、小学生が演奏する時にはかなりの体力やテクニックも必要です。
また、オーケストレーションの関係で、主旋律が埋もれやすいように書かれているため、少々音の置き換えも必要になります。
今回は、そんな手当ての方法、曲の構成やフレーズを生かした演奏の仕方をたくさん勉強しました。
顧問の先生から、その日のうちに、勉強した内容や考察をまとめた詳しい長いメールを頂戴いたしました。
一回のレッスンを宝物のように受け止め、子どもたちのために生かしてくださる先生のご誠意に敬服いたします。


o9FRee8FOjhLdAh1500844932_1500844949.jpg
IMG_0015_convert_20170724064215.jpg  IMG_0012_convert_20170724064155.jpg
IMG_0003_convert_20170724064106.jpg  IMG_0016_convert_20170724064232.jpg
Ecd1rdNfd9lPZqO1500844967_1500845005.jpg
この小学校は、人数は多くないのですが、皆が、とても自然体で遠慮のない態度で接してくれるかわいい子どもたちです。
今の顧問の先生は、前任校からのお付き合いですが、先生がご指導されると、いつも自然体のバンドになり、会話も弾む楽しい時を過ごさせていただけます。
今年のコンクール曲は、このバンドにはやや難しいと思われる曲ですが、想像以上に良く演奏出来ていることに感心しました。
3曲からなる組曲ですが、それぞれの曲に魅力もハードルもあります。
今回は、特に、ゆっくりの2楽章にこだわって練習しました。
ゆっくりの曲を小学生が演奏する時、どうしても停滞した感じになってしまうので、それを防ぎ、まったりではなくゆったりと流れる美しい表現にする方法を取り入れ、とても良い流れが生まれました。
子どもたち自身が自発的に音楽の流れを感じて演奏出来るようになったことがすばらしかったです。


Bq2h03or_ACx4Jw1500845062_1500845078.jpg
IMG_0008_convert_20170724064650.jpg  IMG_0009_convert_20170724064713.jpg
IMG_0007_convert_20170724064629.jpg  IMG_0006_convert_20170724064607.jpg
lqSNA6CBJvJ0d7S1500845098_1500845168.jpg
昨年度からお招きいただいている小学校バンドです。
昨年度は、6年生がとても少なく、苦労されている感じもありましたが、その苦労を乗り越えた今年は、みんなどっしりと落ち着き、まるで中学校バンドのような真剣さで練習に向かっていました。
今年度は、3年生はコンクールには出場しないとのことで、メンバーの中の一番小さい4年生たちも1年間練習して来ているので、とても立派に演奏出来ていることがうらやましいほどでした。
体育館は、千葉県人である私でも「暑い~」と思うほどでしたが、だるそうな顔ひとつ見せず練習に集中し、どこかのパートが指導を受けている間も、黙ってそれを見つめていられる共有力や忍耐力もありました。
当然、演奏はアドバイスするごとに、見事なほど変容していきます。
演奏の力だけでなく、ここまで心を鍛えられた小学生たちとのレッスンは、なかなか経験出来るものではありません。
小学生には難しいと思われる吹奏楽のオリジナル曲ですが、集中力と学習力の高さのおかげで、かなり深い表現を学ぶことが出来ました。



次に、今年度2~3回目のお伺いとなる学校をワンショットでご紹介します。

INxsP2TcBjvbcvZ1500644636_1500644654.jpg
前回からの飛躍的な伸びに驚きました。テクニックも表現も大きく成長していました。
今回は、時間制限も考えた上で、望ましいテンポ設定とバランス、フレーズのまとめ方、強弱の付け方、タンギングの種類の替え方を勉強しました。
コンクールまでの練習で、さらにテクニックを身につけて、より生き生きした演奏に仕上げていってください。



*その2に続きます。

PageTop

旭川から~2017・7月・その2~

引き続き、今年度2~3回目の学校です。

m5JJRl7CVjrJ_en1500733840_convert_20170723001143.jpg
この夏初の体育館練習で、セッティングの変更やトランペットの譜面台の使い方、サウンド感の調整をし、とても豊かな響きが感じられる演奏になりました。
広い空間での練習で音の伸びや方向性、バランスを細かく設定していくことで、曲の色彩や立体感も増しました。
これから2週間の練習で、ハーモニーの確かさにこだわり、より美しい演奏に仕上げていってほしいと思います。
2年生が宿泊学習の翌日で、かなり疲れていたことと思いますが、気合いで乗り切って偉かった!


d64M2mW5CVFaMMg1500735192_1500735249.jpg
顧問の先生の指導力の高さと部員たちの努力で、コンクールメンバーの半数近くを占める1年生の演奏力が驚異的に上がっていてびっくりしました。
前回のレッスンでは、たくさんの宿題が出ましたが、ひとつひとつを確実にこなした上で今回のレッスンを受けてくださり、またさらに一段上のアドバイスに進むことが出来て、確実に前進することが出来ました。
近年多い難解な曲や音量に任せた演奏ではなく、どこまでも美しく、味わいのある演奏を追求する先生の姿勢に心から共感します。


LNfRhGGILYEdrsN1500735489_1500735515.jpg
コンクール会場のホールをお借りしての充実した練習が出来、審査員席で聴かせていただいてのアドバイスは、本番につながる道筋が具体化出来たと思います。
学校で聴かせていただいたサウンドやバランスとは全く違って聴こえるホールの特性から判断し、緻密な調整を進めました。
まだまだ技術的な課題も満載であることもはっきりしました。雰囲気はとても良い演奏なので、基本を固め直してコンクールに向かってほしいです。


BZCrdoHx5d2c1qO1500845025_1500845041.jpg
人数の少なさをひとりひとりの確かな力で乗り越え、曲の細部にまでこだわった色彩豊かな演奏に仕上げてくださいました。
先生と部員たちのコミュニケーションがとても良く、一体感のある演奏の姿にはジーンとします。
曲の魅力を皆で共有し、イメージを持って演奏しているので、音楽の方向性がまとまり、一丸となって表現している感じです。
最後の最後まで、課題を克服し続けてコンクールに向かってほしいです。


rrCkoZc77W2HXea1500845314_1500845325.jpg
全員が中学校からの初心者のバンドですが、先生の巧みなご指導ですばらしい演奏力を持った部員たちが育っています。
5月以来の再会でしたが、この2ヶ月間の努力が確かなものであったことが分かる成長を見せてくれました。
先生は、他校の練習や私のレッスンを積極的に見学され、そこで得た知識の中から取捨選択して生徒さんたちに与えていらっしゃいます。
指揮や曲づくりも今回のレッスンでさらに深まりました。さらに磨きをかけてコンクールに臨んでください。


67Wrkg4lZ4J4pBk1500735357_1500735378.jpg
前回のレッスンからの部員たちの猛烈な努力が分かる確かなテクニックの向上に感心しました。
こちらの高校バンドも、本番のホールを使っての練習が出来、ソロの演じ方や強弱の設定、色彩の変化、曲の構成を生かしたテンションの作り方など、音楽的な勉強が出来ました。
顧問の先生も、「自由曲の悩んでいた箇所の解決の仕方が分かりました」と、とても喜んでくださいました。
ハードな練習が続いているにもかかわらず、いつも笑顔いっぱいの温かい態度で迎えてくれる部員の皆さんに感謝です。



北海道の旭川でも昼間は、30℃を越える気温になります。
コンクールまでの日々、体調管理にも気をつけながら、悔いのない最高の夏になるようがんばってください。
お招きくださった11校の先生方、本当にありがとうございました。


IMG_0002_convert_20170723000239.jpg
                 IMG_0005_convert_20170724064131.jpg
IMG_0011_convert_20170724064733.jpg
さようなら~! みんながんばれ~!          

PageTop